中国の四大料理以外を理解しよう!東京で食べられるかなり本場の味3店

世界の料理の中でも、日本人にメジャーで親しみがある中国料理。 北京・広東・四川・上海と四大料理で知られる中国料理だが、実際のところはどうなのであろうか?

そんな中国料理の特徴と、東京で食べられる本場の味を提供するレストラン3店をご紹介。
ちなみに美味しいは中国語で好吃(ハオチー)です!

酸湯魚(スワンタンユ)はまず魚を食べ、その後スープでミントをしゃぶしゃぶ。木姜子(ムーシャンズ)のレモンのような香りと相まって、口の中に清涼感が広がる。次ページ紹介の『ナポレオン フィッシュ』で

中国料理 = 土地・民族の特色を映す地方料理の集合体

中国料理といえば、日本では四大料理が一般的です。ひとつは北京料理。満漢全席で有名な宮廷料理と〝油重味濃〞の庶民料理で有名です。次に、素材の味わいを生かす上海料理と、〝麻〞(花椒のしびれる味)と〝辣〞(辛味)に代表される味わいをもつ四川料理。最後は広東料理で、変化に富んだ食材から生まれる滋味深い料理や飲茶などで知られています。

一方中国では、広東・四川・山東・江蘇・安微・山西・湖南・雲南の八省の八大料理に分けるのが一般的ですが、細分化すればキリがありません。

例えば北方料理は山東、河北、山西という黄河以北の地方料理から成りますし、中国のように広大な土地ではさまざまな民族、地方の料理があるため、中国料理という一つの料理はないとすらいえます。地方料理の集合体=中国料理なのです。

さらに都市の料理に少数民族の料理が加わったり、西洋料理の要素を取り入れたりしながら、歴史とともに進化を遂げています。最近では、国際色が豊かになったこともあり、海外の食材を使うことも珍しくありません。

客のレベルが高く、世界トップレベルの中国料理店がひしめき合う日本では、ここ10年ほどで四川料理の店が圧倒的に増えましたね。料理人も本国で修業する若手が増え、よりディープな料理を目指す人もいて、今後はますます面白くなるはずですよ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ