今が旬の牡蠣といえばココ!ぷりぷり生牡蠣が人気の都内人気4店

冬になるとなぜか牡蠣がどうしても食べたくなる。9月のSeptemberに始まり、October、November、12月のDecemberまでの「er」がつく月は、牡蠣がおいしい季節と言われているからだろう。

牡蠣好きはこの時期になると、おいしい生牡蠣を食べに行きたくてうずうずしてくるのだ。牡蠣といえばココ!という、この冬に足をはこんでほしい店をご紹介しよう。

生牡蠣(1ヶ)¥380~(仕入れによって変わるが、上から兵庫県室津産¥380、兵庫県相生産¥380、三重県的矢産¥500)。ワイン持ち込み料1本¥1,000。

お好きなシャンパンを持ち込んで楽しめる『地下の粋』

牡蠣が旬を迎える今の時期に、築地で好きなシャンパンと頂くなんて最高じゃないか。築地仲卸「築地三代」直営の『地下の粋』は、牡蠣好きなら絶対に押さえておきたい名店だ。

仲卸直営、仕入れから数分の場所にある店舗ゆえ、新鮮さは保証付き。目利きが選んだ牡蠣をちゅっと吸うように口に含んでは、甘いシャンパーニュを流し込む。この店には好みの飲み物が持ち込めるのが嬉しい。

こちらで扱う牡蠣はすべて国産で、常時10~13種類が揃い、日本各地の海の個性を反映した味わいを楽しめる。ここはひとつ、奮発してエクストラ・ブリュットのシャンパーニュを持ち込んで、豪放磊落に牡蠣を味わいつくそう。

牡蠣の食べ比べ3種 値段は仕入れによって変動あり

美味しい牡蠣やおばんざいでゆったり寛げる空間『マルショウ アリク』

世田谷線の松陰神社駅にある、生牡蠣とおばんざいでついついお酒が進んでしまう店がこちら。

店主の廣岡さんは、おばんざいに定評のある「アダン」で腕を磨いた後、築地の仲卸の築地三代に勤めていたという逸材。築地三代が経営する「地下の粋」と同じルートで牡蠣が入るというのだから、品質は間違いない。

「牡蠣の食べ比べ3種」は仕入れによって変わる。その時々に一番おいしい日本各地の牡蠣を3種1500円前後でいただけるのがうれしい。

絵本に張られたメニュー表や、店内にながれるゆったりした雰囲気がたまらない。居心地抜群の店だ。

『PIZZA & OYSTER & BAR DROP中目黒』

中目黒の裏路地にある隠れ家オイスターバー『PIZZA & OYSTER & BAR DROP中目黒』は、食べ放題を実施中。

メインとなる生ガキは、産地直送で新鮮そのもの。2H1本勝負の食べ放題でどうぞ。その他に、前菜3種盛り合せ、サラダ、本格窯焼きPIZZA食べ放題という内容で、牡蠣食べ放題飲み放題つき5,000円(税抜)とはお得!

牡蠣を好きなだけ食べたいときにはこちらへ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ