東京の夜はここに行けるようにならないと始まらない、名ホテルのバー8選

名ホテルの格式高い雰囲気と相まって、更なる上質な空間を作り出しているホテルバー。
ディナーの後に大事な人と過ごす王道のバータイムから、ひとり使いやアペリティーボまで、大人なら是非使いこなしたい厳選8店をご紹介。

バーテンダーは酒を引き立てるスペシャリスト

数々の名カクテルを生んだホテルバーの聖地『オールドインペリアルバー』

帝国ホテル 東京

大谷石の壁。バックバーに埋め込まれたテラコッタ。帝国ホテル旧本館の「ライト館」の気配が色濃く残るこのバー。

バーテンダーに上手なバーの使い方を尋ねると、アペリティフに注目してほしいと言う。オンとオフの間で、気分をリセットする時間。夕食の待ち合わせ場所として、軽く一杯。

訪れたならば是非とも口にしたいのがオリジナルカクテル「インペリアルホテルスペシャル」の数々

「気軽にアペリティフを」。その語り口にけれん味はなく、一見客をも温かく迎え入れる響きがある。

話の種は実に豊富。気をつけるべきは、〝軽く一杯〞では終わらなくなることか。

名バーテンダーの一挙手一投足を間近に見るカウンターもいいが、奥のスーツケース型のテーブル席を前にグラスを傾けるのもおすすめの時間の過ごし方だ

赤レンガが囲むカウンターで名人のカクテルを味わう『バー オーク』

東京ステーションホテル

2012年10月、華麗に生まれ変わった『東京ステーションホテル』。数多くの物語を生みだしてきたこの場所には、駅舎創建当時の赤レンガと木の温もりを感じさせるバーがある。

バーテンダーの柔らかな物腰に上品な所作からくる独特の存在感。その手から生み出されるカクテルのうまさもあって、オープン以来連日満席だという。

ホテル100周年を記念したオリジナルカクテルも今後登場するようだ

とはいえ駅のバーらしく回転が早いのも嬉しい。「自己を旅する」がテーマのバーで、名バーテンダーの前に陣取り、思索の海にダイブしよう。

夜は店内にピアノ生演奏が心地よく響く

ジェームズ・ボンドにちなんだ逸話やカクテルが華を添える『バー カプリ』

ホテルニューオータニ

1967年に公開された映画『007は二度死ぬ』のロケ地となったホテルニューオータニ。『バー カプリ』には、今も世界中からファンが訪れ、映画の話に花を咲かせる。

手にするカクテルは、ジェームズ・ボンドが愛してやまないマティーニだ。数ある中でも、ウォッカベースの「ヴェスパーマティーニ」は特別な一杯。

その日の気分に合わせたオリジナルカクテルで贅沢なひと時を

「ボンドがジンではなく、ウォッカのマティーニを好むのには理由があるんですよ。ヒントは、女性」――。

そんな話を聞きながら杯を重ね、ダンディなタフガイに自分の姿を重ねてみるのも悪くはない。どうせホロホロと酔うのなら、粋な男になりきればいい。そんな遊びを許される舞台が、ここには用意されているのだから。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ