ウイスキー大好き著名人4人が熱く語る「ウイスキーのすすめ」

いつの時代もウイスキーに魅せられる人物がいる。それは、時に人生の指針に影響を与えることも。
各界で活躍するウイスキーラバーとその関係とは?

JUJU(歌手)

“ウイスキーといい音楽が日々のスイッチをオフしてくれる”/JUJU(歌手)

「ウイスキーは毎晩呑みます。ロックでぐびぐび。氷がなくなれば、そのままストレートでも」

ウイスキーを呑み始めたのは21、22歳の頃。単身NYで音楽修行しているときにバーで覚えた。当時ハマっていたラムを少し甘いなと思って以来、ずっとウイスキー党だ。

好きなのは、クセのあまりないシェリーカスクが多い。いい感じの甘みや香りがするもの。

お気に入りの一つ、「マッカラン」

「中でもアランモルトのマデイラ・フィニッシュは最高でしたね。いくらでも呑める(笑)。ウイスキーは日々のスイッチをオフにするときに呑みます。本来の自分に戻る時間。JUJUでもなく、ただの私。ウイスキーは酔い方も、酔いのまわる速度もちょうどいいんだと思います。攻撃的に酔うようなこともないし(笑)」

うるさくないのに素敵にはしゃいでいるような大人がいるバーが好きだという。ひとりで呑みに行く。

「あとはいい音楽があれば、言うことなしですね」

JUJUさんも「いるだけで楽しい」という日本一古いソウル・バー。ジュークボックスが心地いい音で音楽を鳴らす

■プロフィール
JUJU 12歳の頃からジャズシンガーを志し、18歳で単身渡米。さまざまなジャンルの音楽に触れて独自の音楽性を築き、2004年メジャーデビュー。11月18日に日本テレビ系ドラマ「偽装の夫婦」主題歌「What You Want」をリリース。12月9日には6枚目のアルバムもリリース予定

水上剣星(俳優)

“仲間たちと呑むハイボールがたまらなく好き”/水上剣星(俳優)

「このバーは、幼なじみに連れてきてもらったんです。お肉もおいしいし、オーナーの大輝さんがすごいいい人だからひとりでサクッと来たり、今では教えてくれた友達よりよく来てます(笑)」と、水上さんが常連なのは、池尻大橋にあるステーキ&バー『サンキュー』。

強いわけではないが、酒は好きでほぼ毎日呑む。そんな水上さんが好むのは、気のおけない仲間たちとのカジュアルで楽しい酒。

「家で自分で作るときは蜂蜜を入れたりもします」

そんな場には、やはりアッパーなウイスキーがフィットするのだとか。中でもよく呑むというのが、炭酸強めな「ウィルキンソン」のレモンフレーバーで割った「角ハイボール」。

「ウイスキーの、呑むと身体が熱くなるところがたまらなく好き。中でも『角』は呑みやすいし、香りがいいんですよね。以前コマーシャルに出させていただいた縁もあって、結婚した時に夫婦の名前を彫った『角瓶』をいただいたんです。娘が成人したときに一緒に呑もうと思って、楽しみにしてます」

「宮崎牛ランプステーキ」。上質な宮崎牛を、深夜でも食べられるのがいい

■プロフィール
水上剣星 1984年4月2日、東京生まれ。モデルとして活躍し、18歳~ 23歳をニューヨークで過ごした後、俳優へ転向。10月2日に放送されたCX系ドラマ 『私という名の変奏曲』では刑事役を演じた

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ