山手線ランチ対決!~東京・新宿・品川・田町・新橋編~

ビジネスマンにとって、ランチタイムは仕事の合間のひと時のオアシス。
美味しいランチで英気を養って、午後からまた頑張るぞ!と気合を入れたいところだ。
とはいえ、毎日のこととなるとお店選びも意外と面倒...。そこで、東京の主要電車山手線の5つの駅にフォーカスし、ランチに悩みがちな諸氏にお届けする、美味しいランチが食べれるお店をまとめてご紹介!

■■最初は世界一の乗降者数を誇る「新宿」からシュッパーツ進行!■■■>

ゲンキョワンガイ(グリーンカレー)。ココナッツの風味が活きた一番人気メニュー

抜群の完成度を誇る新宿屈指の人気店『バンタイ』

新宿

30軒以上のタイ料理店が点在する新宿界隈で、屈指の人気と知名度を誇る店。創業した1985年は、日本ではまだタイ料理の認知度は低かった。調味料を手に入れるにも大変な苦労をしながら、その後のタイブームの先駆けとなる味を築き上げた。

ランチメニューは20種以上。和食と比べより多種の調味料を使用するタイ料理にあって、絶妙に保たれた味の均衡がこの店の魅力だ。「レモンが一滴多いだけでバランスが変わってしまう」と、オーナー松井さん。辛味、甘味、酸味といった料理の持ち味を活かしつつ、口中で一体となる味を目指しているのだとか。

800円台中心という手頃なランチでも、その実力を存分に味わうことができる。

ソーセージランチ。日替わり3種のソーセージが乗るランチ。スープ、コーヒー付き

料理の巨匠が作る奥深きドイツの味『カイテル』

新宿

オーナーシェフのハルトムート・カイテル氏は、世界料理オリンピックでの2度に及ぶ金メダルをはじめ、40以上の世界的タイトルを獲得した料理界の巨匠。東京ヒルトンホテルや副料理長を務めた京王プラザホテルの厨房ではフレンチを手がけたが、自身の名を冠したこの店の主役に選んだのは、故郷であるドイツの料理だった。

ソーセージとポテトで知られるドイツ料理だが、実際は素材も調理法も多種多様。欧州料理の繊細さの中に芯のある力強い味わいを秘めたメニューは、意外にもライスとも相性が抜群。日替りランチにも、チキンやポークから魚料理、煮込み、グリルなど多彩な料理が登場し、足繁く通う常連も。伝統的なドイツ料理の奥深さを、改めて感じられる一軒である。

舟型をしたトルコ風ピザのクイマルピデ。日替わりランチの一例

本場の味を伝えるトルコ料理店の先駆け『ボスボラス・ハサン』

新宿

フランス料理、中華料理と並び世界三大料理のひとつに数えられるトルコ料理は、バラエティ豊かな食文化で知られる。現在世界中で愛されるピザやピラフ、ヨーグルトなどのルーツともいわれ、各国の料理に及ぼした影響は計り知れない。

そんな逸品を日本に広めた立役者がこちらの店。オーナーのハサン・ウナル氏はトルコから来日した最初のシェフで、本場そのままのトルコ料理にこだわり続けている。塩味中心のさっぱりとした料理はクセもなく、日本人の味覚に合う。

ランチメニューは日替わりが2種。ヨーグルトケバブといった人気メニューのほか、たっぷりの野菜を使いグラタン風に仕上げるムサカなども。セットにパン、サラダ、スープ、デザートにチャイまで付き満足度が高い。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ