この秋、おねだりしたい!究極のデート鍋3選

通常は、鍋コース(¥10,000)に、スパークリングワインのチャージを別途¥5,000というシステム。だがリクエストすると『アンリ・ジロー エスプリ・ブリュット』(チャージ¥12,000)で作ってもらえる。もちろん店は“飲む用”に推奨!

飲んでよし!食べてよし!『美登里』のシャンパン鍋

いやはや、なんとも豪気というか豪勢というか。ご覧のとおり、ボトルからシャンパンを鍋に直接ザザーッ、である。まごうかたなき、シャンパン鍋を紹介する。

この鍋は、店に訪れた客の何気ない一言がきっかけで誕生したという。以来、店主の力石一郎氏が試行錯誤を経て完成させたのが現在のレシピ。ほぼ貝(ハマグリ、アサリ、牡蠣)とシャンパンのみで構成されているだけに、とにかく素材の質が味の仕上がりを左右する。

それぞれの貝から出てくる旨みが香り高いシャンパンと融合し、得も言われぬ風味に。

貝をある程度食したら、マッシュルームと人参も投入。さらに生クリームを流し入れて“味変”を楽しむという心憎い趣向だ。

カウンター7席、テーブルは10席ある。シャンパン鍋は3日前までに予約が必要だ

通常の鍋コースはスパークリングワインを入れるのだが、ここは豪華にシャンパンを選ぶと、作っている最中の香りの良さも味も桁違いだと店主はいう。

お目当てのひととふたりでオーダーすれば、鍋を仕立てつつ1杯ずつシャンパンを飲める計算なのも心憎い演出だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo