急に食べたくなって死にそうになる都内絶品焼きそば6選!

この太麺やきそば(¥780)が絶品。見てくれはよくないが、イケる!

『珍満』の太麺の焼きそば
副編集長 昌保博之選

関西で育った僕は、蕎麦よりうどん、細麺より太麺が好きだ。
JR御徒町駅徒歩1分、アメ横近くの雑居ビルの路地裏に『珍満』はある。昭和25年ごろに開業した、老舗の中華屋だ。以前、本誌でも小宮山雄飛さんが紹介していたが、ここの焼きそばは病みつきになるほど絶品だ。

ご覧のように、見た目は焼うどんかと思うような極太麺の醤油系やきそば。麺はもっちりとして箸で持ち上げるだけでちぎれるくらいの柔らかさ。太麺好きにはたまらない。
豚肉、キャベツ、人参、モヤシ、玉ねぎ、きくらげ、ニラと具だくさんで、味の凝縮したシャキシャキ野菜にもちっとした独特の麺の食感が絡むと、口いっぱいに旨み成分が広がり、ほかのおかずがいらないほど食が進む。
この味は、一生つきまとって忘れられない記憶になるだろう。

上野松坂屋の裏手にある中華食堂『珍満』。太麺の焼きそばが人気の店だ

途中でレモンやナンプラーをかけて、味わいを変化させながら食べたらとあっという間に完食

『グリーンパッタイ』のグリーンパッタイ
編集部員 守屋美佳選

ご存知の方も多いかと思いますが、パッタイとはタイの焼きそばのこと。

『グリーンパッタイ』の「グリーンパッタイ」はほうれん草を練り込んだ翡翠麺を使用。もちもちとした食感は他のお店のものと変わりませんが、平麺ではなく細麺でタイの味付けを楽しむことができるのは当店ならでは。そして、たっぷりほうれん草が入っているから、麺だけでお腹をいっぱいにすることに抵抗のある女性にもおすすめです。

看板メニューがそのまま店名、と分かりやすい自信は信じて間違いないです。ここに行くまで、正直パッタイはどこのお店も味は似たり寄ったりだと思っていましたが、目をつむって食べても「これはグリーンパッタイ!」と言い当てられます。やきそば好きにも、タイ料理好きにも、この新しい食感を試してほしいです。

テイクアウトランチは¥500!コンビニ飯より安くて美味しい

B.B特製瓦そばコースにていただくことができる

『BEYOND B.B』の瓦そば!
編集部員 船山壮太

焼きそばは焼きそばでも、おそばのそばを焼くのが瓦そば。その名の通り、瓦の上で焼くもので、発祥は山口の下関。瓦の上にそばを乗せ、その上に錦糸卵やノリ、などが乗ります。

こちらを提供しているのが六本木にある『BEYOND B.B』。九州の塊肉などが名物のお店だが、この瓦そばもリピーターがいるほどの人気。ジュージューに焼かれた瓦の上で焼きあげ、それを少し~めのタレでいただく。パリパリに焦げた部分の食感が心地よく、普通のそばよりも食べ応え抜群。さらにこちらでは瓦に和牛が乗っているので、それを合わせて食べるのが醍醐味。

東京のど真ん中で食べられる、地方の味。新たな焼きそばをぜひ、食べてみて!

店内には4つのタイプの違う個室があり、使い勝手抜群

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo