和菓子と思いきや、まさかの「かまぼこ」のトラップ!ホムパにいかが?

創業80年を超える仙台名産笹かまぼこの老舗・阿部蒲鉾店がこの秋リリースした『里の秋』というかまぼこの詰め合わせが、すごすぎる!!
箱を開けた時、いったい何人がこれをかまぼこだと判明できるのか、実験してみたくなるほどだ。味はもちろん、申し分ないほど絶品かまぼこ。
手土産や自宅でのおもてなしに、歓び&驚き&満足してもらえること間違いなし。

『里の秋』の実態は、秋の味覚をモチーフとした高級蒲鉾

目指したのは京都の伝統和菓子を超えるもの

『里の秋』は、かまぼこ技能士がひとつひとつ丁寧に手づくりしたもの。秋の味覚の栗・キノコ・柿などをモチーフにした、見た目はまるで和菓子のようなかまぼこだ。

なかでもひと際存在感を放っているのが「栗」。リアルさを惹きたてる“いが”を表現するために、職人が選んだ素材が、なんと茶そうめん!
もともと緑色の茶そうめんを揚げることによって“いが”と同じ茶色になるという。
自然と同じ原理が正解だったということか。

いがの色合いが自然。緻密な職人が光る。

この茶そうめんでつくった“いが”を職人の手で丁寧にかまぼこにまぶし、本物の栗のような形がつくられています。
柿、もみじ、キノコも全て職人の手づくり。その手間を考えると限定数販売なのも当たり前。

箱を包んでいるのは、きれいな風呂敷包み。ギフト用にピッタリ

素材は上級グレードのすり身のみ。

パッと見の驚きだけではない。こちらのかまぼこは、最上級のすり身を使用。魚の旨みが引き出され、上品な味わい。

何かと家族や友人で集まることも多いこの季節。お月見や、運動会のお弁当、お招きいただいた際の手土産など、大活躍してくれそうな逸品だ。
無くなり次第終了とのこと!気になる人は、お早めにどうぞ。

栗:小豆餡入りの蒲鉾で栗甘露煮を包み、いがは茶そうめんで表現した。 柿:スモークチーズを混ぜ、パプリカとほうれん草で色づけ。 キノコ:香り豊かな松茸を練り込み、ほんのり焼き色をつけた。 もみじ:バターで口あたりまろやかな風味に味付けした。

■商品概要

*『里の秋』2,376円(税込)
単品内容:栗2個、柿3個、キノコ4個、もみじ4個
*その他、通常の人気商品と合わせた二段重もある。
 ・もみじセット/お月見セット
*販売期間:~10/25(日)まで。通販は10/22(木)予約分まで。
ただし予定数が完売になり次第販売終了。
詳細は、こちらから
阿部蒲鉾店オンラインショップ:http://www.abekama.co.jp/shop/

【「Restaurant of the year」緊急アンケート企画】

現在、以下のアンケート企画を実施中です。
ご回答いただいた内容を記事で発表します。ふるってご参加ください。

あなたの一票で決まる!2015年、恋に効くレストランNo.1はどのレストラン?(募集期間:2015.9.12~2015.9.25)


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ