秋の夜長をとことん楽しめ!究極のスタミナ鍋料理5選

秋の夜長、少し肌寒くなってきたので元気がみなぎってくるパワフルな料理が食べたい。ここではそんなスタミナをつけるにもってこいの美味しい鍋料理を紹介する。

和牛のプリプリホルモンとろろ鍋。¥1,780

『裏恵比寿 自然生村』のホルモン鍋

多くのメディアに取り上げられ、恵比寿の裏路地にひっそりたたずむ人気店「裏恵比寿 自然生村」。ここは自然薯山芋創作料理屋で、看板メニューの和牛のプリプリホルモン自然薯とろろ 鍋をぜひ味わってほしい。
ここのホルモン鍋は粘り強いとろろとホルモンの甘みが和風出汁に溶け合い、絶妙なハーモニーを生み出す。山口県産の皮まで擦れる自然薯は栄養価が高く、フワフワな食感が特徴。
寒くなるこれからの季節にぴったり、疲れたこころとカラダを癒すおすすめの逸品だ。

カムジャタンは韓国味噌、唐辛子、焼酎などが入ったソースに豚骨スープを加え作る。¥3,300

『ヒョンブ食堂』のカムジャタン

豚の背骨とジャガイモを煮込んだ辛い鍋“カムジャタン”は、別名“美肌鍋”と言われるほど肌に効く栄養素が豊富。豚の背骨からコラーゲンが溶けたスープにジャガイモがたっぷり入り、そのジャガイモが含むビタミンCは熱を加えても壊れない性質をもつ。

さらに脂肪を燃焼させる効果のある唐辛子のカプサイシン、疲労回復や食欲増強を促すニンニクもスープに大量に潜んでいるという、カラダにとっていいことづくしの鍋なのだ。

食べきれなかったら包んでくれるので、好きな野菜を足して自宅で栄養鍋をしなおすのもあり!

ソンジはほんのりレバーの味がする堅めの豆腐のよう。臭みはなくソンジ自体の味は強くない。鉄分が豊富でカロリーが低いのもポイント。¥1,500

『チョンソル』の鉄分とタンパク質がたっぷりヘジャンクク

韓国で酔い覚ましのスープとしてポピュラーなのが、このヘジャンクク。ヘジャンは「解酲」と書き、まさに二日酔いを解くための成分がつまった料理なのである。

大まかには3種あり、もっとも栄養価が高いのが、牛の血(ソンジ)を固めたものが入ったソンジヘジャンクク。

『チョンソル』では、牛の背骨をよく煮込んだスープに韓国から仕入れている鮮血によるソンジ、そしてホルモンを入れたスープを24時間提供。タンパク質と鉄分がたっぷりとれ、弱ったカラダに活力を補充することができる。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ