食のプロ4人が「安い!」と唸った採算度外視店はここだ

日々美味しいものを探すことも、仕事のひとつであるのが食ライター。美食を極めた彼らが仕事抜きで本当に通うのは、コスパの良い店だった。ここでは「東京カレンダー」をはじめ、食雑誌で活躍する食ライター4人のとっておきの店を紹介する。

価格以上の満足感と楽しさがヤミツキに『ホルモン船 ホールちゃん』

小石原さんのとっておきのコスパ店は、肉好きがこぞって通う新大久保『ホールちゃん』。数年前から定期的に通い「鮮度抜群のホルモンと肉を中心に、季節によっては蟹や鍋料理がこれでもか! と出てくるコースはどう考えてもお得」と太鼓判を押す。

おまかせコース¥8,500〜の一例

“舌を巻く”ほど旨いと評判のタンに、小石原さんも大好物というミノ。フレッシュなホルモンを心ゆくまで堪能してほしい。

焼き上がってからハサミでカットするミノと、店主の“自然派”トークをご賞味あれ!来店時には予約を忘れずに。

グランメゾン級の食材を使って¥10,800は絶対に安い『ビンゴ』

森脇さんがプライベートでも頻繁に通うのが『ビンゴ』。こちらのコースでは小田原直送の魚介類に千葉県産幻の豚、鶏は名古屋コーチンなどは当り前。夏は長良川の天然鮎、冬には網どりの青首鴨が新潟から届く等々三ツ星レストラン級の食材を駆使する。小林秀徳シェフの緩急自在な一皿は大胆にして繊細だ。

またメニュー以外にもその日の隠し玉が常時5〜6種は登場する楽しみも。この充実した内容で¥10,800はかなりお値打ちだ。

肉のグリルミストおまかせメニュー¥10,800の一例。料理はコースのみ

メインの肉のグリルミストは手前から名古屋コーチンの腿、幻の豚で作るサルシッチャ、岩手県産黒毛和牛のイチボ。それぞれの異なる肉の魅力を堪能してほしい。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ