“基地”は至る所に用意しよう!一人飲みでもバッチりはまる、素敵なカウンターレストラン3選

居心地が良くカウンター席のある店は、気軽に入れるから一人飲みの夜は嬉しい。そのうえ味良し、コスパ良しとあらば重宝したくなるのは必然。

今回はそんな一人飲みで使える絶品カウンターレストランをご紹介!

店内入ってすぐ、バースペースのカウンター。こちらでは小皿料理とワインを気軽に愉しみたい

ワインとアテ、二つの魅力を持つカウンター
『夜木』

恵比寿

恵比寿駅から徒歩3分、渋谷橋交差点付近にあるワインバー『夜木』。入口から続く長いバーカウンターはいつも立ち飲み客で賑わいを見せ、奥へ進むとオープンキッチンのカウンターという、2つの異なる顔を持ち訪れた客を愉しませてくれる。

料理をガッツリ愉しみたいならぜひ、奥のカウンター席へ。メニューを見るとレバームース、グラタンなどワインのアテはもちろん、仔羊や鴨ムネ肉のローストから〆のパスタまで何でも揃う。

スタッフと談話しながら好物を、続いておすすめを、なんてしていると、あっという間に夜が更けていく。

名物料理「ムール貝の白ワイン蒸し」はワインに欠かせない一品

グラスワインは赤、白がそれぞれ3種、デザートワイン1種が用意されており、イタリアやフランス中心のリストに日本ワインも充実している。もちろんワインだけではなく、ウイスキーやその他のお酒も用意。

おひとりさまでも入りやすいため、軽く一杯飲みたいときのために覚えておくといいだろう。

ラストオーダーは25時(但し日曜日は除く)。ジャンルにとらわれず、ワインに寄り添う料理を心行くまで堪能してほしい。

『KIKI HARAJUKU fruit de ma passion』

明治神宮前

明治通りから一本入った路地裏にある、人気のビストロ。メニューは¥3,500、¥4,000のコースのみ。

目を奪われる彩り鮮やかな一皿と斬新な美味しさが評判を呼び、多くの女性が訪れている。

もちろん、デートにも有効。原宿という土地柄とお店の個性とのギャップで、ハートと胃袋をがっちり掴むこと間違いない。

「ガストロノミーの魅力を充分に知りながらも、実際、自分がフランスで通いたくなったのはカウンターの店だった」

そんな自身の経験を活かした店のカウンターは、アンティークや中古家具など、ひとつひとつの椅子をシェフが吟味して集めた。さながらカフェのように気軽な雰囲気の店内だが、提供される料理は本物の凄みを持つ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ