トロトロ、ジュワー! 赤ワインに合うビストロ煮込み料理厳選6皿

いよいよ食欲の秋。 赤ワインを飲みながら熱々の肉料理、食べたいですよね。
食いしん坊な編集部員たちが、ここぞ!という時に伺う“煮込み料理”のあるお店、厳選して一挙公開します。

土佐赤牛の赤身肉ハンバーグ¥2,880

『HOUSE』のハンバーグ
副編集長 日紫喜康一郎選

西麻布の『HOUSE』は、ちょっと大人の隠れ家的雰囲気があって好き。西麻布にありながら、ほっこりとした空気感があるので、デイリーなデートにも、女子会にも使える店だろう。

ここに来たくなるのは秋。というのも、STAUBで調理したメニューが多数あるからだ。その中でもフォアグラが中に入ったハンバーグは最高! STAUBで調理すると、食材の旨みがギュッと抽出される気がしていい。

使われる牛肉は脂肪が溶けにくい不飽和脂肪酸をふくむという“赤牛”で、メタボ体型の私には嬉しい限り。

ハチノスと牛すじのトリッパ¥790。牛すじがソースにコクととろみを与えている

『しがらき』のハチノスと牛すじのトリッパ
編集部員 平石紗代選

ワインに超がつくほど強いこだわりを持つ店主のいる『しがらき』。オーナーシェフの吉田さんが自ら集めたワインが、常時100種類以上も愉しめる。

料理はワインに添ったフレンチ、イタリアン、和食のフュージョンで、日替わり。ここで私がおすすめしたいのが「ハチノスと牛すじのトリッパ」。

とろっとろの牛すじがハチノスに絡んで、コクと旨みがたまらない。ワインも進む進む!

席数は少なめなので、行く前に電話をした方がベター

メニューは日替わりなので、いつ行ってもありつけるというわけにはいかないが、出合えたら必食の一皿だ。

「ボトルの中で少しこなれたワインが好き」という吉田さんのおすすめワインを頼めば、間違いないマリアージュを堪能できるだろう。

桜新町駅から徒歩1分と超駅近なので、終電間際まで愉しめちゃうのもこの店の素晴らしいところ。

ビーフシチュー¥3,900

『南蛮銀圓亭』のビーフシチュー
編集部員 守屋美佳選

私がおすすめしたいのは、仕上げにマデラ酒で香りづけをする気品あふれるビーフシチュー。仔牛の骨、和牛のスジ、香味野菜などから出汁をとるベースのソースは『南蛮銀圓亭』で40年受け継がれている門外不出の味。

お値段だけみると驚いてしまいますが、店内の上品な雰囲気や、温野菜が別皿で供されることなどここでしか味わうことのできない特別感は唯一無二。

最後はお皿に白いごはんを入れて「シチューライス」として一緒に食べるのがお約束。当店のお上品なマダムも公認の食べ方なので、ためらうことなく試してほしい!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ