一度は行くべし!グルメ激戦区・麻布十番で長年愛されている名店6選

「本日のミックスフライ」。内容は季節などにより若干変更がある。タルタルソースや、千切りキャベツのドレッシングも自家製で美味

手間を惜しまず60年。体が喜ぶ揚げ物に驚愕『EDOYA』

運ばれてきたミックスフライから好物のアジフライを選び、ひと口頬張ると「サクッ」と小気味良い快音が脳に響く。その軽やかで爽快な味わいに驚き、揚げ方の秘訣を聞けば、注文が入ってからひとつひとつパン粉につけて仕込むのは先代譲り。

さらにアジは刺身用の生食用を使い、アジが持つ爽快な香りを引き出すのだという。油は年配の常連が多いのでラードではなく、あえてサラダ油を用い、8割ほどの火入れで鍋から揚げて、最後はオーブンで余計な油を落としつつ、仕上げの火入れをする。

エビフライに、ホタテフライ、クリームコロッケと一事が万事手抜きがないので、揚げ物の登場までには少々時間がかかる。そうと聞けば、快音を響かせる揚げ物が運ばれるまでの待ち時間も楽しく、その軽やかな味は次第に体が欲するという訳だ。

1954年創業の洋食屋さん。真っ当な料理を求め、3代に亘り通い続ける常連もいる。そう、この街には、旨いものを作る料理人とそれを支える常連という土壌がある。

時間を要する『EDOYA』のミックスフライに、グルメ激戦区の底力を垣間見た。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo