死角を有効に使え!恋を実らせる半個室レストラン4店

濃密な時間を演出する"死角"を持つ
『Restaurant OKADA』

どんなに行き届いたレストランにも必ず“死角”がある。それは、いい意味でゲスト同士が濃密な時間を過ごせるよう、レストラン側が払う配慮というものだ。

そんな死角とも言うべき半個室の空間を大切にするレストランがある。岡田宏シェフは、4年半のフランス滞在で、地素材をフル活用した本場のビストロ料理を極めた。

そのスピリッツを東京で体現すべく、ここでは山口県萩より取り寄せる天然の魚介類、長野県蓼科から届く有機野菜など、国内外の吟味された食材を用いた季節感溢れる料理が看板だ。なかにはココットのように鍋を囲むスタイルの料理も多い。

そんな料理を、半個室という空間でリラックスして楽しむ。さらに親密な雰囲気を醸すのなら、マルセル・ラピエール氏から学んだという自然派ワインを開栓するのがいい。スルスルと食が進む絶妙のマリアージュは、男と女、いや人間同士の距離も自然に縮めてくれるものだ。

イトヨリのココット仕立て。季節の野菜とイトヨリ半身を丸ごと豪快に使った素材の滋味が溢れる一品

イカとフォアグラのミルフィーユ。岡田シェフのスペシャリティのひとつ

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo