肉食女子もうなる! 必勝デート肉の名店9店

言わずもがな、イマドキ女子は皆お肉好き。つまり“デートで肉”は今や鉄板アプローチなのだ。デートシーンにジャストミートなレストランをご紹介!

バースデーなどのアニバーサリーのときにサプライズで出すと女性に喜ばれそうなのが、肉ケーキ

グッと大人でムーディー『六本木焼肉Kintan』

肉割烹『金舌』の流れを汲むオシャレ焼肉の筆頭『Kintan』が、2014年春に六本木に店舗をオープン。これが六本木という場所柄、内装も明るく女性的な恵比寿店と比べてグッと大人でシック、まさにデートにうってつけなのである。バリエ豊富な個室もうまく使いたい。

肉質も恵比寿店よりランクアップされ、銘柄よりも、柔らかい雌牛であることがここのこだわり。イチオシは、A5ランクの雌牛赤身肉。

ランプ、イチボ、トモサンカクなど、どの部位もほぼ炙るだけの絶妙な火の通りが旨さの鍵ゆえ、くれぐれも会話に気を取られて焼き過ぎることのないように。極上の雌牛の扱いは、女性のそれと似て極めてデリケートなのだ。

日替わりの3種盛りで自慢の雌牛赤身の食べ比べを

店名にもなっているタンはやはり必食。右が国産、左が30日以上熟成させたUS産

肉の消化を助ける「焼き雲丹とクレソンの炒めナムル」も忘れずにオーダーしたい

個室は3部屋で、それぞれ違うインテリアを楽しめる

名物の「サブトン」は、さっと炙ってタレをたっぷりつけたあと、黄身がつまめるほど新鮮な三栄鶏卵の『満月卵』にくぐらせて白米とともに

安定の有名焼肉を銀座で、という鉄壁のブランド力『うしごろ銀座』

『USHIGORObambina』や『TEPPANbambina』、『うしごろ貫』など、昨今様々な業態で店舗を増やしている『うしごろ』の銀座店。安定感のある知名度に加えて、銀座という土地の高級感が華を添える。それも2階建て1棟店舗という贅沢さ!

そんな銀座店で堪能したいのは、やはりA5ランクの国産黒毛和牛ならではの生肉メニュー。同じ『うしごろ』ブランドの西麻布店でもコースでなければ食べられない黒毛和牛のタンがアラカルトで、しかも厚切り、タンしゃぶ、タン先など様々なバリエーションで楽しめるのだ。

彼女とワイルドかつエロティックな生肉を食らえば、ふたりの野性が目覚めるかも……!?

「 厚切りタン」は両面をしっかり焼くことで、「サクップリッ」な食感が楽しめる

生肉提供認可店だからこそ食べられる「タンユッケ」はタン元から2人前しか取れない貴重な部分を使っている

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ