いくつ食べたことある?銀座で必食の老舗名物10選

新しい食文化の発祥地として、つねに時代の先端を走り続ける銀座。
この街で、長きにわたり多くの人々に愛されてきた美味を、知られざるエピソードや誕生秘話とともに、いま一度おさらいしよう。

かの文豪をも魅了した老舗洋食店の人気メニュー

『煉瓦亭』元祖オムライス

『煉瓦亭』といえばポークカツレツが有名だが、人気を二分するのが、もとは"まかない食"だったという元祖オムライス。健啖家として知られる池波正太郎はカツレツを食べ、日本酒やウイスキーを飲み、〆にオムライスをオーダーすることもあったとか。

ご飯に合う和風シチューを世に浸透させた"立役者"

『銀之塔 本館』シチュー ミックス

歌舞伎座裏の屋台からスタートした『鳥繁』。昭和6年の開業以来、多くの銀幕スターや歌舞伎役者を虜にしてきた焼鳥の味を守るのは3代目の保立繁一。常連客がイギリスから持ち込んだカレー粉で作り始めたドライカレーももちろん健在だ。

野球選手のリクエストによって生まれたバリューメニュー

『銀座スイス』千葉さんのカツレツカレー

"猛牛"の愛称で親しまれた元・巨人軍の千葉茂が「カレーライスにとんかつをのせてくれ」とリクエストしたのがはじまり。以来、試行錯誤を重ね、すりおろした野菜と挽肉が入ったカレーに、揚げたてのカツをのせて供するスタイルに。

日本最古のインド料理店でオリジナルのカレーを堪能

『ナイルレストラン』ムルギーランチ

1949年に創業し、三代にわたってインド料理の魅力を伝えてきた『ナイルレストラン』。奥深い辛さがクセになると評判のムルギーランチは、多くの著名人に愛されたことでも有名。銀皿に盛られた具とライスをすべて混ぜて食すのがお約束だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ