本当に美味いガレット屋、知ってる?人気のガレット専門店3選

フランスのブルターニュ地方の伝統料理「ガレット」は、まだまだ日本では馴染みが薄いが、フランスではポピュラーな食べ物。このガレット、実は蕎麦粉から作られており、タンパク質、ポリフェノール、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが含まれる美容食でもあるという。

そんな美容にも健康にも良い「ガレット」が最高に美味しく食べられる、人気のガレット専門店3店をご紹介!

黄色いファサードと看板が目印の可愛らしい外観

絶品ガレットがワンコインで楽しめる!
『ガレット スタンド』

”美容と健康によいフードとして愛されている蕎麦のように、 ガレットをもっと身近に楽しんでもらいたい”という想いからはじめたという『ガレットスタンド』は、2014年7月に恵比寿にオープンしたガレット専門店の新星。

黄色い看板が目印の可愛らしい店内で供されるガレットは本格そのもの。

ハム、卵、グリュイエールチーズが入った、人気の「コンプレット」

店内の石臼で挽かれる蕎麦粉100%のガレットは、パリッとした食感と香ばしい味わいが特徴。ひとたび口に運べば、その滋味深い味わいに食べ進む手が止まらなくなること請け合いだ。

こんな美味しいガレットがワンコイン(500円)で楽しめるというのだから、人気が出るのは必定。

ハム、卵、グリュイエールチーズがたっぷりと載った「コンプレット」は、見た目よりもボリュームがあるので男性にもお薦めの一品。

ランチはもちろん、夜は人気のシードルと一緒に楽しみたい。

シックな配色の店内。黒×白はブルターニュの旗の色であるとともに、塩からくて黒いガレットと甘くて白いクレープを表現している

渋谷の喧噪を忘れさせる大人の隠れ家
『クレープリー ティ・ロランド』

東急文化村から松濤方面にかけたエリアに、パリのエスプリを感じさせる店がある。店内は黒×白のモノトーンのシックな設えの空間が広がり、ここが渋谷であることをつい忘れてしまうほど、落ち着いた大人の雰囲気を醸し出している。

店の名は『クレープリー ティ・ロランド』。
"パリ最古の歴史を誇るクレープリー『ティ・ジョス』の3代目経営者、生粋のブルターニュ人でもあるロランド夫人がプロデュースした店"というからただものではない。

「ノルディック」。サーモン、アーティチョークのコンビ

ここで食すことができるのは、まさに"本場"のガレット。

そのこだわりは「長野の研究所で『ティ・ジョス』のガレットの粉を分析してもらい、国内の蕎麦粉で近いものを組み合わせて、ロランド夫人の下で何度もチェックを受けてようやく完成した」という徹底ぶり。

定番の「ガレット・コンプレット」は、目玉焼きの見事な半熟具合、力強い蕎麦の香りが特徴の逸品。蕎麦粉、ハム、チーズ、卵の豊かな風味が口一杯に広がり、口福な時間を過ごせることは請け合いだ。

フランスの老舗のクレープリーが誇る"本物"の味わいを、ぜひ渋谷の地で存分にご堪能いただきたい。

深緑色のファサードが印象的

絶大な人気を誇る老舗のガレット専門店
『ル・ブルターニュ』神楽坂店

牛込神楽坂駅のほど近く、パリの路地裏を思わせる石畳の道に深緑色のファサードが印象的な『ル・ブルターニュ』はある。

東京や京都、本場のパリでも多数の店舗を展開する当店は、日本で「ガレット」や「シードル」を根付かせた草分け的存在に挙げられることも多い老舗のガレット専門店だ。

創業19年を誇り、今なお多くのファンがここのガレットを求めて足を運ぶ。

ボルディエ製バターとブラウンシュガー、バニラアイスのデザートガレット

ここでいただけるのは、しっかりとした蕎麦粉の風味が漂う正統派ガレット。ガレット生地の持つパリッとした食感と、中に詰まった芳醇な具材のバランスが絶妙なハーモニーを生む。

昼下がりならデザートガレットを堪能するのもいいだろう。
最高品質のバターとして知られるボルディエバターを使うなど、素材に対する強いこだわりが随所に見え、メニューを見ているだけでも楽しくなる。

人気のシードルや洋梨酒、ワインなど、アルコール類の品揃えも豊富にて、気の合う仲間とわいわいと楽しむのに最適な一店といえるだろう。


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ