ここで無理なら諦めるしかない!? 口説けるホテルのバー6選

グラスとボトルで縁取られた窓の先に、摩天楼の夜景が燦然と煌めく

TOKYOの今を映し出すハイエンドな空間へ
ANAインターコンチネンタルホテル東京『ミックスバー&ラウンジ』

世界中から人が集い、多彩な文化が交錯し、常に刺激的な街、東京。新しきものを貪欲に受け入れることが使命でもあるかのように、進化がとどまることはない。

そんな街の空気をちりばめながら誕生したのが『ミックスバー&ラウンジ』。多国籍のゲストが違和感なく馴染む、エッジの効いた空間だ。

フランス人デザイナー、グエナエル・ニコラ氏が手がけた店内は、一見日本的なものとは縁遠い設え。だが、布のアートワークやカトラリーケースなどにさりげなく、モダンな和を忍ばせる。

表現したのは生々しい東京のイメージを、アートというオブラートで優しく包み込んだもの。それゆえに地上36階から見下ろすリアルな街の風景が、選ばれた絵画のように調和する。

提供するドリンクにも、時代の先端を反映させる。店を代表するのは、6つのモレキュラーカクテル。エスプーマで生み出す滑らかなムース、ジューシーなフルーツキャビアの食感など、斬新なるアルコールと化学の融合が目と舌を楽しませてくれる。

寛ぎのムードを確保しつつ、ちょっと刺激的。ゆっくりとグラスを傾けながら、“今”の空気に触れて欲しい。

シャンビー。立ちのぼるシャンパンの泡にあわせてストロベリーキャビアが浮遊する

フロアはバー、ラウンジ、個室の3エリアにゾーニング。用途に合わせて使い分けが可能だ

ラウンジエリアでは水曜~土曜の夜8時半から、ジャズの生演奏を3ステージ実施している

松浦広幸氏はサントリー ザ・カクテル アワード リッキー部門で最優秀賞に選ばれた人物

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo