銀座、西麻布、六本木でいきつけの鮨屋を作るならここ

世の男性陣の夢、行きつけの鮨屋。六本木、西麻布、銀座から、行きつけになったら鼻高々な名店中の名店をピックアップ。
ハードルは高いが、いけば虜になること間違いなし!

こだわり抜いた空間と近海の天然本鮪で勝負する実力店『鮨 長岡』

【銀座】

木曽檜のカウンター、御影石の床、京の聚楽壁と店内の隅々にまでわたるご主人・長岡淳二氏の本物志向は、無論、ネタに関しても同様。とくに近海ものの天然本鮪への思い入れは特別だ。扱う部位は、腹上一番。産地はもとより、身質の硬さや旨みの出方など、熟成までを見極め最上の逸品に。

経験を美味に昇華していく、異色職人の心意気『木挽町 とも樹』

【銀座】

勝どきの『さヽ木』の先代・佐々木啓全氏や伝説の名店『きよ田』の新津武昭氏の師事を仰ぎ、技を磨いた店主・小林智樹氏。名店で培った正統派の技術と、自身がライフワークとする"旅"で得た経験を元に、幅広く、かつ奥深い鮨を展開する。各地の漁師から直送される旬魚も味わい深い。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ