幹事必見!この夏行きたい “普通じゃない”ビアガーデン5選

「ビアガーデンに行こう!」と言ったものの、どこに行けばみんなが満足してくれるのかわからない! そんな“幹事”の皆様に朗報。今年、話題の“普通じゃないビアガーデン”をご紹介。いずれも、人気のスポットなので予約はお早めに!

料理は全7品。デザートも付いてくるため、女性にもうれしい

原宿でラグジュアリーな炭火焼ビアガーデンを!
『ベニーレガーデン』

チャコールグリル(炭火焼)を楽しめるラグジュアリーなビアガーデン『ベニーレガーデン』がオープンした。六本木ヒルズや東京タワーなどが見渡せる爽快な見晴らしと、レストランならではの本格的な料理が楽しめる。

内容は、その日の素材を自家製燻製にしたスモーク料理やピッツァ窯で焼いたほっこりベジタブル、牛・豚・鶏など3種のお肉のチャコールグリル料理など。ビールにもよく合うボリューミーな食事が楽しめる。

さらに、「エクストラコールド」や「氷点下フリージングハイボール」、アメリカ西海岸発の人気シェアカクテル「パンチボウル」等など50種類以上が飲み放題。また、16:00〜18:00までのハッピーアワーでは、通常お一人様5,000円が4,500円に! こちらも、また賢い使い方と言えるだろう。

【詳細】
開催期間:〜10月12日
場所:渋谷区神宮前4-31-10 YMスクウェア原宿5F (リストランテ ベニーレベニーレ内)
料金: 5,000円(120分)
   ※ハッピーアワー 4,500円 (但し16:00~18:00までのスタートに限る)

予約は一カ月先まで受け付けている。非日常な空間での体験は、盛り上がること間違いなし

テラス合コンにも◎! ワンランク上のビアガーデン
グランド ハイアット 東京『オークドア』

新鮮な素材をウッドバーニングオーブンでダイナミックに調理するステーキハウス『オークドア』のテラス席の「サマービアガーデン」は毎年予約が殺到する人気のフェア。

今年は、ドラフトビールとともにお酒にぴったりのグリル料理が楽しめる。ビールは「アサヒドラフト」「アサヒブラックドラフト」など。その他にもワイン、カクテル、ソフトドリンクのフリーフローが楽しめる。

また、ボリュームあるフードも食べ放題でお腹も満足。『オーク ドア バー』の本格カクテルなどドリンク 12 種類以上、ビーフ鉄板焼やスペイン産ハムなど 16 種類のメニューが食べ放題。さらに、日曜~水曜限定のレギュラープランに加え、今年はワンランク上のプレミアムメニューを楽しめる「プレミアム プラン」も。

ボリュームたっぷりのポークリブなどのエクストラメニューも充実。ラグジュアリーな空間とハイエンドな料理は、“テラス合コン”にもピッタリ。人気のため、予約はお早めに。

【詳細】
開催期間:〜9月30日
場所:グランド ハイアット 東京『オークドア』(港区六本木6-10-3)
料金:プレミアムプラン¥8,800、レギュラー プラン(日曜日~水曜日限定)¥6,800(いずれも120分)

料理は東京會舘のフレンチシェフが監修。ビアガーデンとは思えない本格的な料理を楽しもう

“銀座の夜景×ジャズ生演奏”な大人のビアテラス
『東京會舘』

大正11年創業、90余年にわたり日本を代表する国際的な社交場を運営する『東京會舘』が「銀座スカイビアテラス」を9月30日までの期間限定でオープンする。食事も一流で、雰囲気も抜群な、まさに“大人のためのビアガーデン”だ。

交通会館13Fの銀座スカイビアテラスにて、飲み放題付きの2つのプラン(わいわいスカイプラン/4,800円 プレミアムプラン/6,400円)を用意。ハーブ香るラム肉のオーブン焼き、スペアリブ、ガーデンサラダなどが楽しめる。フレンチシェフ監修の料理は他のビアガーデンには無い贅沢な内容だ。

また丸の内の夜景をバックにジャズを中心とした生演奏を聴きながら、「サントリー ザ・プレミアム」、「モルツ“マスターズドリーム”」が樽生で楽しめめるのも魅力。他にも、6.0ガスボリュームの強力炭酸で凍る直前にまでキンキンに冷やした「超炭酸ハイボール」、サワー類や赤・白ワイン、梅酒なども用意されている。

【詳細】
開催期間:〜9月30日
場所:東京會舘(千代田区丸の内3-2-1)
料金:わいわいスカイプラン/4,800円 プレミアムプラン/6,400円(いずれも120分)

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ