白金の高架下の4軒を取材したら、常連客がハイソな近隣在住美女で驚いた!


外苑西通りと北里通りが交わる恵比寿3丁目交差点。首都高速2号線の真下には、小さな店々が並ぶ。

「陸の孤島」――。店を営む店主たちは一様に、高架下のことをこんな風に言う。たしかに、白金高輪、白金台、広尾…どの駅からも徒歩で15分以上はかかるゆえ、地元客以外はタクシーで乗り付けるしかない。

この立地だからこそ、集まる人々は近隣をよく知る上質な大人ばかり。高架下のイメージを覆す大人感と品の良い空気感がここにはあった!


白金の街であえて高架下という選択は、経験値の高い大人にだけできること

通常であれば〝地の不利〟でしかないこの立地だが、実は地元の人間にとっては〝使い勝手のいい飲み屋街〟として、外部の人間にとっては〝人とかぶらない隠れ家〟として、重宝されている。

「地元のお客様も、舌の肥えた方ばかり。カジュアルな飲み屋といえど、気が抜けません(笑)」と話すのは『白金B......


おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo