押さえておきたいテラス席 Vol.1

絶対押さえておきたい!都内の定番テラス席3選

季節感のあるデートを提案できる男性は、それだけでポイントが高いもの。 これからの季節、爽やかな風を感じながら、美しい新緑を愛でることのできるテラス席デートは、株があがることうけあいです。知らないとやばい、定番中の定番テラス席をご紹介。

敷地の緑は〝プラントハンター〟西畠清順氏が全面プロデュース。

『コード クルック』

代々木

代々木駅徒歩1分の場所に、突如現れる緑豊かな商業空間「代々木VILLAGE」は、音楽プロデューサー・小林武史氏が手がけ、2011年にオープンした話題の施設。

随所に散りばめられたこだわり満載で、女性からの人気も高い。

こちらのメインレストラン「コード クルック」は、京都で最も予約が取りにくいと言われる「イル・ギオットーネ」の笹島保弘氏プロデュースによるイタリアンレストラン。

雰囲気だけではなく味もお墨付きの都会のオアシスで、風を感じながらのテラス席デートは間違いなし。

『ユニオン スクエア 東京』

六本木

六本木ミッドタウン内にある『ユニオン スクエア 東京』。

緑が近く、開放感と同時にリラックス効果も得られそうな広いテラス席。夜はアペリティフとデザート時であればテラスを利用して、ゆったりとくつろげる。

『T.Y. HARBOR』

天王洲

醸造所を併設したブルワリーレストラン『T.Y. HARBOR』。

目新しさはないものの、新しいものが次々にオープンする東京のレストランにおいて、多くのラブコールを集める魅力溢れるリバーサイドレストラン。

東京唯一のロケーションを誇る運河沿いに建つレストランで、倉庫をリノベーションした天井の高い開放感溢れる店内と水辺のテラス席は日本にいることを忘れさせる。オススメは何といっても敷地内で職人が造るクラフトビール。

昼間から、テラスでほろ酔いになるも良し、夜風に吹かれて酔っ払うもよし。帰りは酔い覚ましに、散歩して愛を深めるというのもオツ。

東京カレンダー本誌目黒号購入はこちら >

【押さえておきたいテラス席】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo