春爛漫!サンドイッチ日和 Vol.1

サンドイッチ対決!ハムカツサンド vs タマゴサンド。あなたはどちら派?

ハムカツサンド¥4,000

ハムカツサンド¥4,000

最上級イベリコ豚を使った、ハムカツサンド


東京カレンダー肉特集の常連、銀座『マルディグラ』がのハムカツサンドは逸品。

マルティグラ自家製の、イベリコ豚のなかでも最上級とされるイベリコ・ベジョータのプラハ風スモークハムを用いた「マルディグラハム」を用いている。

揚げたてのハムカツを、トーストしてからマスタードハニーバターを塗った食パンで挟み撃ち!

もはや、これを食さずしてハムは語れない。ハムカツサンドならまずはこれを喰っておけ!

タマゴサンド¥1,300

90年の歴史を誇る、老舗洋食屋のタマゴサンド


どこにでもあるがどこにもない。それが入谷『香味屋』のタマゴサンド。

口を近づければ、バターの甘い香りが鼻をくすぐって、「ああっ」と、ため息を漏らす。齧りつく。歯は、温かいパンにふわりと包まれ、玉子に出会う。バターと空気をふくんだ玉子が、舌に広がり、とろりと消えていく。黄身の優しい甘みに、うっとりとなる。思わず笑う。

世にはさまざまな玉子サンドがある。皆それぞれに美味しく、素朴で、優しい気分を運ぶ。しかしこれは危険である。パンのふわりと、舌に甘える玉子の感触に、心が解かされる。

パンと玉子の蜜月を深くし、強固にして、決して裂くことのできない運命とした、人間の思いが込められている。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【春爛漫!サンドイッチ日和】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ