WEB編集部梅木の、ほぼノンフィクション合コン実況中継 Vol.2

後半戦のカラオケでの誤算:インターネット企業女子との本当にあった合コン

無難な立ち上がりのテラスでの前半戦を終え、カラオケ個室の後半戦へと突入する際に女性陣は「まだ普通に話したい」と個室への移動を多少グダった。

その意味が後半戦になってようやくわかった。

彼女たちはガチだったのだ……!

部屋に入りドリンクを頼んで乾杯。カラオケというのは「誰が先に歌い出すか」という突破口を掴むのが重要だ。もじもじして曲を入れないままというのはよろしくない。

致し方なく幹事であることもあり、とりあえず梅木は往年の名曲である「ゴールドフィンガー99」を入れて無難に歌った。「燃えてるんだ〜ろうか〜」と熱く盛り上げたかったが、野蛮な太陽は昇ることなく、無難な感じの立ち上がりだった。

「私、歌うまいもん」と言っていたさやかはガチだった。

さやか:ありの〜 ままの〜 自分にな〜る〜の〜

これがガチでプロ並の上手さだったのだ。

合コンにおいてカラオケに持ち込むというのは、歌にそれなりの自信があれば少しいいところを見せて、女性陣からよく思われたいという下心もゼロではない。逆も然りで、女性の可愛い歌声にときめくことも稀にはある。

だが、さやかの上手さはときめきで加点するレベルではなく、ガチだったのだ。これは加点も減点もクソもなかった。

さやかに次ぐかなこの安室も絶妙だった。

一方の男性陣も負けていない。女性陣の「Let it go」「Sweet 19 BLUES」に対抗し、柴崎が氣志團の「ワンナイトカーニバル」、柳沢がラルクアンシエルの「FLOWER」で対抗にかかる。

23歳のあゆみやありさが歌う曲は30歳の僕にはもうわからない。歌うどころかみんな踊り出したりする。

(脳内解説:女性陣の波状攻撃に押され気味だ……。しかもなぜかシャンパンのボトルが増えまくっている。こ、これは会計が危ない……)

歌うことを放棄した僕は部屋を出て時計を覗いた。24時を回っている。部屋を見返すと、終わりの気配がないくらいに曲が入りまくっている。個室は2時間予約した。そろそろ会計的にも危ない。ここで一次会はタイムアップとしよう。

梅木:お会計をお願いします。

店員:¥124,312です

梅木:!!

(脳内解説:女性陣の分は奢るとして、一人あたり3万円じゃないか!誰だ!あんなにシャンパンを入れた奴は……!)

とはいえ涼しげな表情で会計を済ませておいた。全く料理に触れていなかったが、この手の店の中では『1967』の料理はかなり美味しいと思うし、金額も高くない。以前来た時は1人あたり1万円で十分楽しめた。カラオケ個室もさほど高いわけではない。飲み過ぎたのだろう。

梅木:さあみんな、お開きの時間だ。

みな物足りなそうな表情を見せたが、帰り支度を始めた。

さやか:梅木さん、お会計は?

梅木:いやいや、女性陣からはいただかないよ。

それなりに各自が楽しんでいた試合だったようだ。財布は想定以上に傷んだが、みなが満足し、今後良好な関係が築けると思えば、悪くない投資だ。幹事の僕は他の男性陣に3万円請求するのは気が引けたので、自分で少し多めに支払っておいた。

疲労困憊で帰路に着いた僕を横目に、柳沢柴崎村野およびさやかかなこの5人は歌い足りなかったようで西麻布のカラオケBARに場所を移して2軒目を楽しんだという。

翌朝のさやかからの「みんなが梅木さんっていい人だったんですね!といってましたよ(笑)」という言葉が、梅木の財布の傷をいやしてくれた。

GENTSたるもの脳内で財布が傷んだと思うのは構わないが、女性陣から会計を徴収してはならない。合コンでの財布の痛みこそが、GENTSの勲章である。

*ちなみに梅木はこの試合の対戦相手からしっかり仕事の繋がりを築いた。そう思えば安い試合である。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【WEB編集部梅木の、ほぼノンフィクション合コン実況中継】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ