注文時に震える、笑ってしまうほど高いお取り寄せグルメたち

このレベルになると、一体どのタイミングで食べればよいのかわからない。そんな高価なお取り寄せをリストアップ。
でも、美味しいものには美味しい理由がちゃんとあるんです!

一粒¥50,000。

イチゴミルクをつけるべきかつけないべきか、それが問題だ

その名も「美人姫」。凡百のイチゴとは訳が違う、という生産者の情熱がひしひしと伝わってくるネーミングだ。

岐阜・羽鳥の「奥田農園」奥田美貴夫氏が15年かけて開発したこのイチゴは、とにかく大粒。写真の、500円硬貨との比較を見れば一目瞭然。
その上、色・艶・香り・甘みも優れているという、非の打ち所がないオリジナル品種なのだ。

最も大きい特大サイズが、重量80g以上で¥50,000(1粒・桐箱入り)! 指輪のように恭しくプレゼントしたい(されたい)、そんなイチゴだ。

●奥田農園 http://www.bijinhime.jp/

12パック¥10,000

一緒におかずを食べることは許されるのか!?

朝ごはんの定番であり、庶民派おかずの代表格でもある、納豆。高価な理由は、なんといってもまず豆にあり。

丹精込めて栽培しているため“幻の大豆”と呼ばれるほど生産量の少ない、北海道産の「鶴の子大豆」を使用。
大粒で甘みの強いこの大豆を、通常の約3倍の時間である72時間を費やしてじっくりと熟成。

この納豆ならば、贈答用にも自信を持って選べるだろう。秋田杉木箱入りのギフトセット¥10,000(12パック入り)も用意されている。

●二代目福治郎 http://www.fukujiro.com/

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ