デイリーユースに使えるキラーコンテンツのあるレストラン Vol.1

ミタカ ワショク ヒナタ

和食と厳選日本酒のマリアージュ『三鷹 和食 日なた』

創意工夫が光る料理と厳選日本酒を寛ぎのカウンターで

2013年6月に、三鷹駅北口近くにオープンした「三鷹 和食 日なた」。代表の大関健司氏は割烹などで腕を磨いてきた。独立前に勤めていた店が吉祥寺だった為、その縁で三鷹に店を構えた。「閑静な住宅地」というのも決めてになったそう。

料理はおまかせコース3,500円~もあるが、旬のお造りをはじめ、焼き物や揚げ物など全て単品で注文できるので、その日のおすすめを聞きつつ、いろいろ楽しみたい。というのもお品書きをよくみると「山牛蒡の海苔巻き」や「蛤と下仁田葱の煮物」など、以外な組み合わせの料理がみつかるから。

「決して奇をてらっていませんが、苦味のある食材には甘味のある食材をあわせるなど、組み合わせには工夫しています」。

料理に合う日本酒は常時15種ほどで、一升瓶を飲み切ると別の銘柄を加えていくので、訪れるたびに違った稀少な銘柄に出会える。こだわりの料理と酒、そして寛げる空間。その三拍子が揃い、つい長居したくなる。店内に調度品を置かないのもさりげない気配りだ。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【デイリーユースに使えるキラーコンテンツのあるレストラン】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ