大河ドラマ『光る君へ』で注目を集めた俳優・毎熊克哉が語る、役者としての信念

大河ドラマ『光る君へ』の直秀役で注目を集めた、俳優の毎熊克哉さん。

彼が画面から消えるや、物語の序盤にも関わらず多くの人を“ロス”へと陥れた。

クールな彼が「売れても守り抜きたい」と語る、役者としての信念とは?

明日6/2(日)は、雑誌「東京カレンダー」には載っていないWEBオリジナル記事「大河ドラマで存在感を増した俳優・毎熊克哉が愛する、気取らない酒場のメニューとは?」を掲載予定。

そちらもぜひお楽しみに!



東京カレンダーアプリのプレミアム会員になれば、雑誌の最新号の電子書籍にて、WEB記事で掲載しきれなかった毎熊さんのインタビュー全文を今すぐお読みいただけます。アプリのダウンロードはこちらから。



東京カレンダーアプリのプレミアム会員になれば、雑誌の最新号の電子書籍にて、WEB記事で掲載しきれなかった毎熊さんのインタビュー全文を今すぐお読みいただけます。アプリのダウンロードはこちら(iOSの方Androidの方)から。

俳優・毎熊克哉の“作り手”としての心構えに迫る

毎熊克哉

クールな表情からは一切そうは見えないが、「ジャケットを着て食べに行く中華。それもカウンターでコース。初めての経験です」と少し緊張した面持ちで店へとやってきた毎熊さん


大人の男ならではの色気に加え、どこか陰のある役どころがピタリとハマる毎熊克哉さん。

映画『万引き家族』、朝ドラ『まんぷく』、そして大河ドラマ『どうする家康』に続き『光る君へ』、さらには『サンクチュアリ -聖域-』、『セクシー田中さん』まで。出演作をざっと挙げれば、“あ、あの時の......


おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo