東京3C男子 Vol.3

出会って1ヶ月で交際に発展。社内で憧れていた彼を落とした25歳女のテクニック

カメラマン、クリエイター、カレーをスパイスから作る男──。

これらの男性は“付き合ってはいけない男・3C”であると、昨今ネット上でささやかれている。

なぜならば、Cのつく属性を持つ男性はいずれも「こだわりが強くて面倒くさい」「自意識が高い」などの傾向があるからだそう。

一見するとどれも個性的で魅力的な男性に思えるが、果たして本当に、C男とは付き合ってはならないのか…?

この物語は“Cの男”に翻弄される女性たちの、悲喜こもごもの記録である。

▶前回:結局男って、カワイイだけの“量産型”な女が好き。アート系彼のため、個性派を目指した23歳女の絶望


クリエイターの男/唯子(25歳)の場合【前編】


丸の内にある大手食品メーカー本社の正面玄関ロビーには、A0サイズの大きなポスターが掲示されている。

営業部社員の福浦唯子は、その前を通るたびに足が止まっていた。

それは、コンプライアンスや社内ネットワークのセキュリティ対策について注意喚起をする、なんてことないポスター。しかし、ポップなデザインとコミカルなイラストは、不思議と唯子の心を掴むのだった。

「…君、いつも足を止めてくれているよね」

ある日、いつものようにポスターの前で佇んでいると、突然声をかけられた。

「え…あ、はい」

声の主は、デザイン室に勤務する栗野瑛太だ。彼はこのポスターのデザインを担当した当人だと告白してくれた。

「このポスターのデザイナーさんですか!?ずっと気になっていたんです」

「ありがとう。コレ、総務の頼みで適当に作っただけなんだけどね」

「適当でこのクオリティなんて!やっぱり、デザイン室の人はセンスでなんでも出来ちゃうものなんですね」

唯子の言葉に瑛太は、わかりやすく耳を赤く染めて頭をかく。

そんな瑛太を見て、唯子は胸をときめかせた。

― かわいい人だな…。

実は唯子は、以前から瑛太のことが気になっていたのだ。

デザイン室の面々は社内ドレスコードにおいて治外法権のような状態になっており、そのカジュアルさは群を抜いて目立つ存在だ。なかでも、スラリとした体形にハッキリとした西洋風の顔立ちの瑛太は、ことさら人の目を惹く。

「尊敬します。こんなデザインを考えられる人」

「嬉しいな…そんな風に言ってくれると。ねぇ、君はどこの課?」

「営業二課の福浦です。入社4年目です」

「そうなんだ。俺は、5年目。1年後輩ってことか」

瑛太はニコニコ微笑んだまま雑談で場を繋ぎ、その場を立ち去ろうとしない。

彼の気持ちが自分に向いていることを、唯子はすぐに察した。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
唯子の考えた新たな販促ツールのネタで成果が出た一方で、瑛太はコンペに通らずメンタルずたボロになり会社辞めるとか。
2024/06/25 05:5121返信1件
No Name
この連載のコンセプトに賛同出来ないから、読んでもふーん程度しか感想出てこない。仕事とプライベート(恋愛)はまた別だし、フラれたからって相手の職業をディするのはどうなのと。 巷では3Cと付き合うな言うけど私は上手くいったよ的な展開なら良かったけど。
2024/06/25 05:2319
No Name
またダメだったんじゃない?それで二人が不仲になり別れる。で、唯子はクリエイターを一括りにして悪口を言う流れ。
2024/06/25 05:1917
もっと見る ( 8 件 )

【東京3C男子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo