東京3C男子 Vol.2

「みなとみらいや赤レンガより面白いよ」センスのいい男に言われて、横浜デートの穴場に行ってみたら…

◆前回のあらすじ

上京したばかりの春香は、年上のカメラマン・光司と交際中。アートや文化的偏差値が高い彼の存在に魅了され、春香の感性も磨かれていく。
仕事も順調で、カメラマンと付き合う醍醐味を味わっていたが…。

▶前回:富山から上京して中目黒に住む女。年上のカメラマン彼氏に夢中になるが…


カメラマンの男/春香(23歳)の場合【後編】


春香が光司と交際をはじめて、1年ほどの月日が経った。

「たまたまジャック&ベティで観たトリュフォーの光の使い方と構図が最高だったんだよね。もう一度見にいきたいくらいなんだよな」

いつもの恵比寿のバー。夢中で語る彼の横で、春香は相変わらず笑顔で頷く。交際当初と違うのは、春香があの頃よりカルチャーやアートの造詣を深めていることだった。

すでに春香は、光司の語ることはだいたい理解できるレベルになっている。

今の言葉を翻訳するとすれば、『横浜・黄金町にあるミニシアターで、古いフランス映画を見てその映像技術に感動した』というところだろうか。

「へぇ。横浜に行ったんだ。仕事で?」

「いや…なんとなくひとりでフラフラとね」

「それなら私も誘ってよ。横浜ならみなとみらい行って、赤レンガでスイーツを食べたかったな」

春香は流れでなにげない願望を口に出す。すると光司は、ウイスキーグラスを口元に運ぶ手を止め、鼻で笑うのだった。

「…キミもそういうところに行きたがるんだ」

田舎者の23歳女子の一面が、ふいに出てしまったことにハッとする。

「僕はムリ。あの界隈なら、伊勢佐木町や野毛の方が好きかな。スイーツとか、ハリボテのフォトジェニックは好きじゃない」

「だよね…」

光司は、仕事以外で観光地やテーマパークに行ったことはないという。大衆的なバラエティや胸キュン系映画も、わかりやすく苦手だ。彼の美意識に合わないのは十分納得できる。

ただ…共に時間を過ごす相手としては、消化不良の部分があった。

― トリュフォーも気になるけれど、コスモワールドの観覧車に乗ってみたかったのにな。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
ピンクのミニリュック? にグラマラスな身体のラインが露わになるピンクのロングワンピ?
2024/06/18 05:2640返信4件
No Name
たったひとりのカメラマン男と付き合って裏切られただけなのに、、世にあふれる同業の男性を一括りにして自分に酔ってるだけとか適当な事言うなと思った。春香が勝手に教祖様として崇拝し、彼の本性に気付かなかった。それだけ!
カメラマンだからとか関係ない。
2024/06/18 05:2134返信1件
No Name
春香、巷のカメラマン男子にケンカ売ったな。
2024/06/18 05:2827返信1件
もっと見る ( 20 件 )

【東京3C男子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo