ひとりで住む家、ふたりで棲む家 Vol.2

「実は、私…」カルティエで指輪を選び、入籍の日も決まったけど。女には“秘密”があって…

◆これまでのあらすじ
真弓(38)は、浜松町のヴィンテージマンションに一人で暮らしている。婚約破棄の過去を経て、「生涯独身」も覚悟の上で手に入れたお気に入りの自宅。しかし、友人の紹介で出会った40歳の雄介とイイ雰囲気になり…。

▶前回:「一生独身だし」36歳女が7,000万の家を買ったら…


Vol.2 女38歳、思わぬ人生の転機


クリスマス目前の12月、土曜の夜。

私が雄介に誘われた店は、誰もが知る銀座の正統派グランメゾン、『ロオジエ』

いつか行ってみたいと思っていたから、素直に嬉しい。

だから少し気合を入れて、TADASHI SHOJIのブラックのワンピースに、Roger Vivierのパンプスを合わせた。

店内のウェイティングスペースで合流した雄介も、いつになくかっちりとしたジャケット姿だ。

「…なんか、ヘンな感じだね」

「本当。いつもパーカにジーンズで、竹芝でお茶してるもんね」

先週、店のリンクが送られてきた時点で、なんとなく“予感”はしていた。いざ会ってみて雄介と目を合わせると、それはほとんど確信に変わる。

― もし告白されたら…とりあえず、付き合ってみてもいいかも。

この2年間、自分だけの心地よい暮らしを築き上げてきた。そこに第三者を招き入れることへの不安はある。

けれど、あまり深く考えなくてよいのかもしれない。

― いきなり結婚するというわけでもないし。

日常の中に“恋人”という存在が加わるだけ。素敵なことではないか。ダイニングホールへと続く螺旋階段の前に立つまでに、私は頭の中をそう整理する。

なにせ夜はまだ始まったばかり。

まずは憧れのフレンチに舌鼓を打ち、相手の出方を窺おう。昔は結婚に焦っていたが、今はそんな気もない。オトナの余裕で、この時間を楽しめばよいのだ――。

ウエイターに案内され、真っ白なクロスのかかったテーブルに向かい合って座った。

ほどなくしてコースが始まり、食前酒を一口飲んだ瞬間、彼と目が合う。

「真弓さん」

「はい」

「もう色々察してるだろうから、単刀直入に言うね。結婚を前提に、僕とお付き合いしてくれませんか」

― 早いな。

思わず口に出そうになったのを、なんとかこらえる。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
真弓もちょっと面倒くさいタイプだね。
2023/11/27 05:1854返信1件
No Name
とりあえず検診に行って検査の結果とかを踏まえて妊活をどうするか二人で話し合ってから家の心配すればいいよ。今からそんなにモヤモヤを膨らませて悩む必要ある? 度合いによっては婚約破棄されるかもよ。
2023/11/27 05:3328返信2件
No Name
タイミング見て早めに売却するかローン組み換えとか制限をクリアした上で賃貸に出すか、決めたらいいだけじゃない?そんなに何を悩むんだろう…
2023/11/27 05:2824
もっと見る ( 16 件 )

【ひとりで住む家、ふたりで棲む家】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo