ヴァリノール

Valinor

中央線 荻窪駅

ホロホロ鳥のバロンティーヌ。支持率の高い皿。料理はすべて¥7,800 ~のコースより

荻窪フレンチの新星、相原薫氏の料理は「わかりやすさ」が狙いという。皿の中に圧倒的に旨いもの、例えばフォアグラとする。そこに、野菜のマリネで酸味のアクセント、ヌケ感のあるサラダを品良く添える。

とろけるようなテクスチャーのフォアグラには、サクサクしたブリオッシュを。食感の差異で印象付けるあたりも実に巧妙だ。名店で培った得意のソースは、旨みが立ち、キレがある。ホロホロ鳥のバロンティーヌは、それが顕著。多くの支持を得て、スペシャリティになりつつある。

「お客様に喜んでもらうことがレストランの本質。自分が作りたい料理より、お客様が食べたい料理を」と、あくまで客目線。表情にあどけなさが残るが、脂がのった37歳。口コミで評判が広がり、ランチはすでに連日満席とか。

地域に愛され、日に日に増える常連が、彼の自信を支えている。

右.トーション ド フォアグラ。コース3皿目。素材の構成がシンプルでわかりやすく、それでいて驚きがある味わい。相原氏が得意とする料理 左上.明石のちぬ(黒鯛)のポワレ 黒のソース。皮目の焼き加減も絶妙。イカ墨で磯の香りが漂うソースを添えて 左下.KAORU AIHARA 葉山『ラ・マーレ・ド・チャヤ』を経て渡欧。帰国後、『銀座レカン』副料理長、白金『レヴェランス』料理長を経て、同店料理長に。

正統派を感じさせる店内


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ