男と女のブランルージュ Vol.3

気がつけば7年も付き合っていたけど、結婚はできない…。32歳女が悟ったワケ

愛おしい人といるときは、何気ない時間が特別なものに変わる。

そして、2人の時間をよりスペシャルなものにしてくれるのが、ワインだ。

ワインには、香りと舌の記憶とともに一瞬を永遠に留めてくれる不思議な力がある。

今宵も、ボトルの前に男と女がいる。

長い年月を経て、このテーブルに辿り着いたこのワインのように、とっておきの物語が紡がれる。

▶前回:「何度も2人で会ってるけど、進展しない…」痺れを切らした女がとった大胆な行動とは


Vol.3『ようやく結婚、と思った矢先…』隼人(35歳)


青山の街を見下ろすレストランで、ワインを飲みながら、隼人はある人を待っていた。

店に到着したのは、待ち合わせの20分前の18時40分。

遅刻が常習の隼人にしては、今夜は用意周到だ。

ボックス席から夜の街を眺める。クリスマスを間近に控えた街は、華やかで忙しい。

その時、店のスタッフに案内され、1人の女性がやってきた。

「由奈!」

隼人は、軽く手を振る。

「珍しい!隼人が私よりも先に着いてるなんて。どういう風の吹き回し?」

由奈は嬉しそうに着席した。

パンツにホワイトのツイードジャケットを合わせ、コロンと丸みを帯びた上品なバッグを携えていた。

「バッグ、素敵だね。買ったの?」

「うん、ポレーヌで。ボーナスで買っちゃった」

付き合って7年になる由奈は、自分に似合うものをちゃんとわかっている。隼人は今年35歳、由奈は32歳だ。

隼人は、5年前に勤めていた会社を辞め、飲食や宿泊施設のコンサル会社を起業した。業界全体が冷え切ったコロナ禍は大変だったが、由奈の支えや励ましがあって乗り越えることができた。

「そんなの言ってくれれば、いつだってプレゼントしたのに」

仕事が軌道に乗った今は、金銭的余裕ができたので、由奈のためにお金を使いたいと隼人は思っている。

「ありがと」

由奈は小さく笑う。

隼人が由奈に会うのは3週間ぶりだ。ここ最近、平日は仕事が忙しかったし、1年前から始めたゴルフに夢中で土日はラウンドを回っていることが多かった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
そんなの言ってくれればプレゼントしたのに〜とか、仕事辞めたければ辞めなよ 等は確かに言われたくないよね。由奈がはっきり伝えたい事も良かったし、半年で挽回出来た隼人も根はいい奴なんだろう😊
2023/12/08 05:2781返信9件
No Name
平日は忙しい、週末はゴルフのラウンド。俺の時間が空いてデートしたい気分になったら土壇場で誘ってたのかな?7年も一緒にいるからもうフラれえう事はないとあぐらをかいていたのかもね。でも結局YES言ってもらえたみたいで良かったけど。
2023/12/08 05:2250返信1件
No Name
ギリシャの赤ワイン、今日は随分マニアックなの出してきたなぁと思ったけれどこの位手頃な価格帯なら試しに買ってみようかと思えるから、いいね。
2023/12/08 05:3448返信1件
もっと見る ( 28 件 )

【男と女のブランルージュ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo