金曜美女劇場 Vol.159

上目遣いがたまらない!黒髪・清純派美女21歳の意外すぎる趣味とは

漆黒のロングヘアと、知的な表情が印象的な女性。

フレッシュな魅力に溢れる市原汐莉さんの人生を紐解く。

>>>市原汐莉さんの貴重な撮りおろしフォトグラビアも多数掲載!こちらからスクロールしてご覧いただけます!

写真をクリックすると、市原汐莉さんの撮りおろしフォトグラビアが多数ご覧いただけます!

私、実はオタクなんです!


市原汐莉さん、21歳。職業、女優。

清楚な見た目からは少し意外に感じるが、自身を「アイドルオタクです」と断言する。

彼女が芸能界を志したきっかけは、幼稚園の頃に遡る。

「『コード・ブルー』というドラマで戸田恵梨香さんが演じる姿を観た時に、本能的に女優になりたいって思ったんです」

しかし残念ながら、彼女は小学校から高校2年の終わりまで「芸能活動NG」の学校に在籍していた。

自分自身が芸能界に入ることができなかった時期は、AKB48をはじめ数多くのアイドルたちの活動を追っかける「ヲタ活」にハマっていたそうだ。

その後、本格的に芸能界の扉を叩いたのは、女優業に憧れを抱いた日から10年以上が経った17歳の時だった。

「やっぱり女優の夢を諦めたくないと思って、親に『芸能の仕事がしたい』って打ち明けたんです。

両親は驚きながらも、私の進みたい道を応援してくれて、高3のときに、県立校から芸能に特化したコースのある私立校に編入したんです」

その後、満を持して「芸能コース」に編入すると、彼女は衝撃を受ける。

すでに芸能界で活躍する子が、クラスメイトの中にたくさんいたのだ。

同じクラスには、彼女が好きな人気アイドルグループのメンバーもいた。

「最初は、その子と同じ空間にいるだけでも緊張しました。でも、1人のクラスメイトとして接するうちに、普段テレビで見る彼女と、教室で過ごす彼女が全く変わらなくて、裏表がないことがわかったんです」

最初はファン目線が抜けきれなかった汐莉さん。

しかし、同級生として関わることで、純粋に第一線で活躍する彼女の振る舞いが刺激になったという。

上目遣いがカワイイ!


「私も、『中途半端な気持ちではダメだ』と思いました。10kg以上減量したり歯の矯正をしたりと、本格的に芸能界で戦えるように、自分磨きに没頭しました」

高校卒業後は数多くの芸能事務所に自ら書類を送り、数百回以上のオーディションを受けたという彼女。しかし、なかなか所属先が見つからなかった。

つらい時期は、同じクラスで共に学んだ人気アイドルの曲に励まされたそうだ。

【金曜美女劇場】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo