30歳を過ぎても Vol.7

「もう彼氏はいらない」失恋で再び傷つくのが怖い…そんな女を変えた、秋夜の“ある出来事”とは

「30過ぎてまで、何やってるの?」と、時に人は言う。

東京における平均初婚年齢30.5歳を境にして、身を固める女性が多い一方で、どうしようもない恋愛から抜け出せない人がいるのも事実。

他人には言えない心の葛藤、男女の関係――。

30歳を過ぎた。でも私は、やめられない。

少し痛いけれど、これが東京で生きる女のリアルなのだから。

▶前回:32歳の美人より、24歳のダサい女が選ばれる!?オーバー30歳女の、非情すぎる現実


Vol.7 麻実、31歳。彼氏は不要、グレーな関係が一番落ち着く。


「ねぇ、私のどこがすき?」

なんてことない平日の22時。いきなり私の部屋にやってきた和馬に聞いた。

「どこって…別に欲しい答えなんかないくせに、そうやって聞いてくるところとか?」

そう言いながら、和馬は私にペットボトルのコーラを渡してきたが、私は口をつけることなくサイドテーブルに置く。

「君は本当にコーラ大好きだね。私は水があればいい人だから、理解できないよ」
「水とウイスキーしか飲まない麻実の方が、変だけどな」

和馬は、笑いながら言った。

「…っていうか、もう帰っていいよ」
「はいはい、言われなくても。じゃあまた近々な」

私は玄関まで行き、あくびをこらえながら、去っていく和馬に向かって手を振った。

和馬は、彼氏ではない。アプリで見つけた、ただの見た目がタイプな男だ。

― 彼氏じゃないけど、友達でもないよな…。

さっきまで彼が横たわっていたシーツの上で寝るのは嫌じゃないし、この飲みかけのコーラだって、飲めと言われたら飲める。

でも、朝までそばにいてほしいわけじゃないし、朝ごはんを一緒に食べたくもない。

コーラのペットボトルをシンクにボトボトと流しながら思った。

私は、いつから彼氏がいらなくなってしまったのだろうと。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
確かに、アラサーになるともう男性関係で無駄に傷つきたくないと思ってしまう…。
そこだけ、やけに共感できた。
2022/09/17 05:2865返信1件
No Name
とりあえず、虎ノ門ヒルズのレジデンスに住んでるところがポイント高かったんじゃないかな〜笑。
2022/09/17 05:2653返信1件
No Name
バーに忘れ物を取りに行った麻美を颯太が追ってきたら…??
2022/09/17 05:1745返信2件
No Name
わーなんか刹那的な話かと思ったら…!!!いい意味で裏切りが♡
2022/09/17 05:2939返信3件
No Name
颯太は以前出てきた杏奈の元恋人らしい。颯太が別れを告げた原因である他の好きな人が麻実だったら、少し気の毒。でも麻実には、和馬と幸せになって欲しい。

次回は友美と彼氏の話かな。
2022/09/17 05:2521
もっと見る ( 21 件 )

【30歳を過ぎても】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo