妻と女の境界線 Vol.10

「彼があなたと出会う前から、付き合ってます!」10年越しの不倫女が妻の前に現れ…

結婚したら、“夫以外の人”に一生ときめいちゃいけないの?

優しい夫と、何不自由ない暮らしを手に入れて、“良き妻”でいようと心がけてきた。

それなのに・・・。

私は一体いつから、“妻であること”に息苦しさを感じるようになったんだろう。

◆これまでのあらすじ

夫にこれまでため込んでいたことをぶつけた麻由。反省した夫は浮気をやめ、一方で麻由も、カフェ定員・圭吾と連絡を取り合うことをやめた。そんなある日、朝からインターホンが鳴り…。

▶前回:夫不在の夜、こっそり男と電話していた女。突然、全てを盗み聞きしていた夫が現れ…


突然の来訪


平日の朝8時前。

インターホンが鳴り、私はモニターを覗き込むと、小綺麗な身なりをした女性が立っている。

首をかしげながら通話ボタンを押すと、私が話すより先に、彼女が口を開いた。

「おはようございます。麻由さん、でしょうか?」

「はい…そうですが?どなたでしょうか?」

「私、あなたの旦那さんとお付き合いしています、佑里香といいます」

あまりの突然のことに、私は呆然とする。

― 何か言わなきゃ。

しかし、頭が真っ白で言葉が浮かばない。

そうしているうちに、女性は淡々と話し続ける。

「浩平さんとのことで、お話があってまいりました。この時間なら、麻由さんが確実に、おひとりで家にいらっしゃるのかな、と思って。差し支えなければ、お話しできますでしょうか」

「…私、これから出社なんですが」

本当はお休みを取っているけれど、彼女のペースにのまれたくなくて、あえて嘘をついた。

しかし、彼女は薄笑いを浮かべながら言う。

「いいえ。麻由さんは今日、お休みです。あなたはお勤め先でBCP要員になっていますよね。半年に1度、日曜に出社して訓練を受けている。その振替休日を、必ず翌週の水曜日に取っている」

「…」

「以前に、浩平さんから聞きました」

夫にしか話していないことを、さらさらと説明する彼女。

戸惑いや驚き以上に、強い不快感が胸に湧き上がるのを感じた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
何を言おうが、浩平は佑里香と結婚したいと思わなかったって事でしょ。そんな男に執着して42歳って醜いよ。
2022/08/06 05:1899+返信1件
No Name
不倫相手が訪ねてきたら、もう義母呼んでもいいよね。
お義母様事件です!今すぐ助けてくださいって🤪
2022/08/06 05:3185返信1件
No Name
この薄気味悪い女もよくしゃべるなぁ。
しかも、大事な時に浩平に捨てられて最近も妻にバレたからと捨てられ。それでもそんな男にしがみつくのはなぜ? 浩平にバレたらもっと嫌われるだけ。
2022/08/06 05:2573返信2件
No Name
捨てたいと思う男を捨てられてお金(慰謝料)貰えるなんて最高だよね!粗大ゴミ捨てるのって普通お金かかるし、自分から電話してゴミに貼るシール買ったりしなきゃいけないのに、それを業者の方から進んでやってくれるなんて最高!
2022/08/06 06:4038
No Name
浩平は本当に最低としか言いようがないけどね。そんな奴とはさっさと離婚したらと思っていたけれど、だんだん面白くなってきたし、麻由あえて離婚せずにわざと長引かせて祐里香がどんどん歳とるのを待つのもいいね。
2022/08/06 05:2933返信1件
もっと見る ( 31 件 )

【妻と女の境界線】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo