【未公開カットあり】「大人っぽくなりたい」キュートな小芝風花が魅せる意外な願望

公開中の映画『妖怪シェアハウス ―白馬の王子様じゃないん怪―』ほか、今年はすでに主演作5本、CM8本と、大活躍の小芝風花さん。

着々と大人の階段を上る小芝さんは、25歳。

そんな彼女を、西麻布の正統派ビストロにてインタビュー!その模様を、今日と7/3(日)の2回に渡ってお届けします。

>>>小芝さんの貴重な撮りおろしも多数掲載!こちらからスクロールしてご覧いただけます!

写真をもっと見たい方は、上記リンクにあるギャラリーをチェック!



東京カレンダーのプレミアム会員になれば、この記事で掲載しきれなかった小芝さんのインタビュー全文と、雑誌の最新号を電子書籍で今すぐお読みいただけます。アプリのダウンロードはこちらから。

小芝さんは、飾り気がなく、お茶目だ。見ているこちらが、思わず微笑ましくなるほどに。

それで、チャンスとばかりに、聞きたいことを率直にぶつけてみることにした。

もし「俺の行きつけでデートしよう」と誘われたら、どう思いますか。

「パーソナルな部分に近づいていいよと認めてもらったようで、うれしい。口説かれるのかなあって、期待もしそう。ただ、バーみたいに暗いお店だと、身の危険まで感じてしまうかもしれません(笑)。

そういえば、行きつけって、その人の性格や考え方を映し出しませんか?高級すぎたら、価値観が合わないのかな、と思うかも」

確かに、その傾向はありそうだ。するどい。

妙に感心していると、今度は、小芝さんからため息のようなつぶやきが漏れた。

「誘われること、あるのかなあ」

何を言うのか。今や引く手あまたの存在だ。それに、そもそもキュートなのだ。

「あるに決まっているじゃないですか」という言葉が、口を衝いて出た。

すると、彼女は「ありがとうございます」と恥ずかしそうに頭を下げて、次のように続けた。

「じつは、ずっと“大人っぽくなりたいキャンペーン”を張っているんです。もっと品のある女性になりたいんですよ。でも、難しい。すぐガハハとなっちゃう」

人は理想を抱くもの。なりたい自分があっていい。でも、すでに十分チャーミングなのだから、そのままでも良いのでは。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo