金曜美女劇場 Vol.148

東京に憧れ田舎から出てきた清純派21歳。現実は厳しかったけれど…

日本人離れしたエキゾチックな顔立ち、21歳とは思えない大人びた表情。

中学2年生のとき、原宿の竹下通りで運命が変わったという“新田ミオさん”の人生を紐解いていく。

>>>新田ミオさんの貴重な撮りおろしフォトグラビアも多数掲載!こちらからスクロールしてご覧いただけます!

育った街にも学校にも馴染めなかった

写真をクリックすると、新田ミオさん撮りおろしフォトグラビアが多数ご覧いただけます!


新田ミオさん、21歳。

カメラマンがシャッターを切るたび、小悪魔スマイルを見せてくれたり、クールな目線をしたりと表情の引き出しが多い。

ミオさんは、岐阜県にある小さな田舎町で生まれ育った。

幼少期からメイクやファッションが好きだった彼女は、小学生の頃にはメイクをして学校に行くことがあった。

透明感のある澄んだ瞳が魅力的


先生から注意されることもあったが、自己流のファッションやメイクを貫いていたミオさん。

中学2年生のとき、原宿の竹下通りに遊びに行き、運命が変わる出来事にあった。

「その日、すごくたくさんの芸能事務所からスカウトされたんです。あれ?もしかして私って、モデルの仕事とか向いているのかな、って思いました」

その体験がきっかけで、次第に芸能界に興味を持つようになる。

高校進学と同時に「上京して芸能事務所に入りたい」と両親に直談判するが、猛反対にあう。

泣く泣く地元・岐阜の高校に通うことになった。

しかしその後、彼女は驚くべき行動にでる。

【金曜美女劇場】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo