ごめん、今日も遅くなる。 Vol.2

「休日出勤」と嘘をついて浮気しに行く彼を、見送る土曜日…。女が直後に取った行動は

その日、柚はいつものようにストレッチスペースで体をほぐしていた。そして、タオルを置き忘れて立ってしまった。

そのとき「タオル忘れてますよ」と声をかけてくれたのが、賢也だったのだ。

「あ、うっかり。教えてくれてありがとうございます」

「…い、いえ」

一礼をした柚の顔を見て、タンクトップ姿の賢也はわかりやすく固まった。

「どうしました?」と問いかけたときに賢也がこう言ってくれたのを今でも覚えている。

「…すみません、綺麗な方だったから。…よかったら、LINE交換しませんか?」

ゆったりとした控えめな口調で言った賢也は、一般的なイケメンとは少し違った。しかし、全身から自信とひたむきさが滲み出ていて、生命力に溢れている印象を受けた。

そんな賢也の雰囲気を、柚は「素敵」と思ったのだ。

連絡先を交換したことをきっかけに数回ディナーをして、トントン拍子に交際を開始。賢也は、柚にいつも尽くしてくれる、最高の彼氏になってくれた。

仕事がどんなに忙しくても、たくさんデートに連れて行ってくれる。いつも笑わせてくれる。毎日しつこいくらいに愛情表現をしてくれて、まっすぐに自分を想ってくれる。

同い年カップルということもあって、共通の友達もたくさんできた。

あっという間に交際丸3年を迎え、表参道のマンションで同棲を開始。

一緒に暮らしてからも、賢也のまっすぐな態度は変わらなかった。


― いい彼氏だったのに…。

嘘をついてネクタイを結び、出かけていった賢也のことを思う。

2ヶ月前からは、部屋で一緒に過ごしているときもいつもスマホをいじるようになり、ちょっとした会話を覚えてくれていないことが格段に増えていた。

「まさか浮気する人だとは思わなかったけど…あからさまに態度が変わったもんなあ」

込み上げる涙を拭きながら、柚は思った。

― でも、別れたくない。絶対に取り戻したい。

柚は学生時代から言っていた。「浮気する男は絶対ナシ。もしされたら問答無用で別れる」。

賢也に対してもずっとそう思っていたはずなのに、いざ現実になると、問答無用で別れることなど到底できそうもなかった。

失望して座りこんだとき、LINEが鳴る。

「なんだろう…?」

LINEは、高校時代からの親友・東山創からだった。

『柚、今日暇だったりしない?デートの予定だったんだけど、女の子にドタキャンされて、暇でさ』

柚は、すぐに返事を打つ。

『会えるよ〜』

創に会えると思うと、心が少し明るくなった。

しかし柚はこのとき知らなかったのだ。

想像以上に最悪な夜が、待っているということを──。



▶前回:「あの女を、誘惑して…」彼氏の浮気現場を目的した女が、男友達にしたありえない依頼

▶Next:6月3日 金曜更新予定
創と浮気現場に乗り込んだ柚。彼女が想像以上に傷ついたワケ

あなたの感想をぜひコメント投稿してみてください!

東レデート詳細はこちら >

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
裏切られたんだから、問答無用で別れればいい。しがみついたところで、離れた気持ちはもう戻らないんだよ…。
2022/05/27 05:1391返信8件
No Name
はいはい、これも話が進まない系かな。
2022/05/27 05:1467返信2件
No Name
平気で嘘ついたり、LINEに♡一切使わないとか、柚の話を聞かずスマホいじりばかり、邪険にされ浮気もされたのに別れたくないと思う柚に、共感出来ない。浮気癖は一生直らないから、結婚したら大変。
2022/05/27 05:3647返信4件
No Name
しばらく泳がせるか証拠を集めるべきか...
柚は何か勘違いしてる。あなたは賢也の妻でもなんでもない。だからそんな事しても浮気の慰謝料とかも取れないし、何かアクションを起こせば「待ってました」と言わんばかりにフラれて賢也は穂乃果の方に行っちゃうのだよ。
2022/05/27 05:4139返信2件
No Name
勝手に手帳見たり、寝てる間に指紋認証(かなり古いiPhone ?)でロック解除してまでスマホを盗み見たりする彼女は嫌。
2022/05/27 05:3021返信5件
もっと見る ( 49 件 )

【ごめん、今日も遅くなる。】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo