トラップ~嵌められた男と女~ Vol.10

結婚まで考えた元カノと再会し、4年ぶりに一夜を共にした直後…。女から聞かされた衝撃の事実

恋に落ちると、理性や常識を失ってしまう。

盲目状態になると、人はときに信じられない行動に出てしまうものなのだ。

だからあなたもどうか、引っ掛かることのないように…。

恋に狂った彼らのトラップに。

▶前回:2年前に別れた元カレを忘れられず、職場まで押しかけた女。そこで見てしまった衝撃的な光景


「じゃあ、カンパーイ!」

新宿三丁目にある『東京キッチン』で行われた同窓会。慶應時代のゼミ仲間で久々に集まろうと、ゼミ長だった山本が声を掛けてくれたのだ。

「もう30歳だなんて、早いよなぁ」

隣に座っている山本が、そうつぶやきながらビールを煽る。彼の言葉にうなずきながら、僕は店内をグルリと見渡した。

12人のゼミメンバーのうち、集まったのは男4名、女4名の計8人だ。

― 葉子は来てないのか。

桜木葉子は、僕が大学2年生から26歳まで付き合っていた元カノだ。僕は彼女との結婚を考えていた。しかし交際6年目のある日「もう嫌いになったの」と言って、僕の前から突然姿を消したのだ。

別れを受け入れられなかった僕は、何度も葉子に連絡した。でも返信が来ることは、一度もなかったのである。

「なぁ、山本。葉子って今日来ないの?」

僕の言葉に、彼の顔が一瞬曇る。

「来ないよ。…健吾さ、フラれてから4年も経つんだろ?彼女のこと、そろそろ忘れなよ」

彼の言葉はごもっともだ。別れて4年。僕は葉子を忘れられず、短命な恋愛ばかり繰り返してきたのだから。



時刻は22時を回り、会はお開きとなった。僕は新宿で同級生たちと別れ、小田急線に乗り込む。

― いつまで引きずってるんだ、俺は。葉子のことはもう忘れよう。

そう自分に言い聞かせ、代々木上原駅のホームに降り立ったそのとき…。人混みの中に、見覚えのある後ろ姿を見つけた。柔らかそうなショートボブの髪が、ふわふわと揺れている。

「えっ、葉子…!?」

思わず大きな声をあげてしまう。その声にゆっくりと振り返った彼女の耳元には、大きなシルバーイヤリングが光っていた。

「健吾くん…。なんでここに?」

ホームに立ち尽くしたまま、僕は動けなくなる。そして4年ぶりの葉子の姿に、出会った日の記憶がよみがえってきたのだった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
山本から電話かかってきた時、山本の婚約者が葉子なのかと思ったよ笑
2022/05/10 06:4899+返信4件
No Name
出ました、こぼれ落ちそうなほど大きい瞳! 
整形?
2022/05/10 05:1868返信8件
No Name
うーん、あまりにも作り話っぽさが強いかな^_^
2022/05/10 05:1364返信4件
No Name
ゼミ仲間なら亡くなったことを全く知らなかったのは変だよね。
葉子が他界した事を受け入れられなかったのかな…
2022/05/10 05:3644返信4件
No Name
山本さんから死んだと聞かされた後に彼女の姿が消えていた…ってホラー展開の方が面白かった
2022/05/10 06:1132
もっと見る ( 58 件 )

【トラップ~嵌められた男と女~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo