【動画あり】「素の私を見てほしい」麗しい瞳の川口春奈が、心の内を明かしてくれた

Instagramのフォロワー数は344万人超え、公式YouTubeチャンネル「はーちゃんねる」も大人気の、川口春奈さん。

SNS上での自分の魅せ方について、どう考えているのだろうか?

大人の女性として“映える”をテーマに、仕事、そしてプライベートな彼女のありのままの姿に迫った!


川口さんのインタビューを、今日と5/1(日)の2回に渡ってお届けします!

【前編】
■川口さんが明かしてくれた、SNSとの向き合い方
■【WEB限定】撮影風景のメイキング動画



東京カレンダーのプレミアム会員になれば、この記事で掲載しきれなかった川口さんのインタビュー全文と、雑誌の最新号を電子書籍で今すぐお読みいただけます。アプリのダウンロードはこちらから。

「特別な時間や場所は、自分だけのものにしておきたいタイプです」


川口さんはInstagramに344万人超のフォロワーを持ち(※2022年3月時点)、芸能人・有名人のフォロワー数ランキングでも常に上位につける人気者。

そこで、インタビューの手始めに“映える”ことに対する率直な考えを、聞いてみることにした。

すると、ご本人は淡々とした口調で、こんな答えを返してきた。

「わたし自身、“映える”や“バズる”ということに執着しているわけではありませんが、やっぱり美しいものとの出合いは嬉しいですよね。

ただ、私が写真を撮るときは、身近なスタッフさんや友達に情報をシェアするため。

自分にとっての特別な時間や場所は、そもそも自分だけのものにしておきたいと思うタイプです」

「YouTubeは、素の自分を見せられる場所でもあります」


一方、YouTubeにおいては能動的。開設3年目に突入した公式チャンネル「はーちゃんねる」は、コンスタントに更新されている。

自分が本当にやりたいことだけをやる動画の企画を立ち上げた。

その素直な気持ちは、チャンネル内での行動に表れている。たとえば、「温泉最高!1人で日帰り箱根旅館」(※再生回数84万回!)では、堂々と入浴シーンを披露。

ひと昔前であれば、芝居でもない限り、女優がそんな姿を晒すなんてありえなかっただろう。

「当然ながら、やれることとやれないことがあります。でも、せっかくわたしという人間に興味を持ってくれて、わざわざのぞきに来てくれるのだから、なるべく楽しんでもらいたい。

それに、わたしも楽しんでいる。無理していない。自分が本気で面白がってやったことを相手も面白がってくれたら、最高じゃないですか?」

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo