「美味しい餃子でも食べに行かない?」雰囲気も味も最高な、デートに誘える餃子6選

  • 「白糠町ラム串焼き」1本880円。クミンとガーリック、ネギとディル、どちらも絶品

  • 「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」などで経験を積んだ鈴木高輔さんが挑む創作点心は、「本日のおまかせ4種盛り」(4個1,320円)に集約。野菜たっぷりの具材でヘルシー

  • 「エビ蒸し餃子」(2個660円)。皮に透けて見える粉状のオレンジこそ、蝦子(卵)。えびせんのような香ばしい風味を生みだす

  • この日は冬限定の「生雲丹の揚げ餃子」もコースに。皮は焼き餃子とは異なり、白玉粉や米粉を使い、パイのようなサクサクした生地が特徴。フランス産のカマルグの塩が雲丹の甘みをぐんと引き立てる

  • 「おまかせコース」6,000円の3皿目に登場する焼き餃子。季節によって内容は変わるが、焼き餃子だけはレギュラーメニューだ

  • 「焼餃子」1個200円。好きな個数でオーダーできるので、気になるメニューを少しずつシェアしたいデートシーンにはありがたい

  • 包み方、生地の配合も焼餃子とは異なる「スープ餃子」4個850円。ツルツルの皮、シャキシャキの具材、奥行きあるスープが三位一体となった一皿。ヨダレ鶏のタレを加え、味変するのもおすすめ

  • 「お山のギョーザ」4個880円。タレはシンプルに醤油、酢、ラー油。まずは何もつけず、そのままで鰹の風味を存分に味わいたい

  • “五種盛り”を謳いながら、実際には7~8種のネタが惜しみなく提供される「名物 刺身五種盛り」2人前3,960円

  • 「餃子」1個250円。淡路島産玉ねぎに生姜、松の実とマスタード、自家製ラー油をミキサーで攪拌した“ソース”とともにいただく

  • 「水餃子」4個450円。小ぶりながら、皮のもちもち感とイベリコ豚の濃厚な旨みで食べ応えあり。他に「香菜水餃」、「紫蘇水餃」も

もどる
すすむ

1/42

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo