再構築夫婦 Vol.2

経営者の夫がまさかの浮気。献身を続けた妻の選択は離婚か、それとも…

あふれた水は、戻らない。割れたガラスは、戻らない。

それならば、壊れた心は?

最愛の夫が犯した、一夜限りの過ち。そして、幸せを取り戻すと決めた妻。

夫婦は信頼を回復し、関係を再構築することができるのだろうか。

◆これまでのあらすじ

経営者の夫・孝之と、小学校1年生の娘・絵麻。3人家族で穏やかな毎日を過ごしていた美郷だったが、幸福な日常は突然、砕け散った。

孝之と秘書の浮気が発覚したのだ。土下座して「魔がさした」と言い訳する孝之に、ショックを受けた美郷は…。

▶前回:「ごめん、魔がさした」夫のスマホに密会を匂わせるLINE…。幸せな家族を襲った危機


「ほら、絵麻。あっちにフルーツたくさんあったよ。見て見て、このパンも美味しそう!」

日曜日の朝。『フレンチキッチン』の朝食ビュッフェではしゃぐ私に、絵麻は冷めた眼差しを向ける。

「ママぁ、早くおうち帰りたいなぁ」

それもそのはずだ。金曜日の夕方からここグランドハイアット東京に泊まり始めたのだから『フレンチキッチン』での朝食もこれで2回連続になる。

あの日、孝之に土下座をやめさせて「帰ったら話し合いましょう」と、どうにか出張へ送り出したけれど…。

どんな顔をして向き合えばいいのか、わからなくなった私はほとんど衝動的に、孝之が帰宅する直前に絵麻とホテルへ家出してきたのだった。

スマホのLINE通知は、おそらく孝之からであろうメッセージで溜まりに溜まっている。

なぜかFacebookメッセージも1通届いていたが、孝之の土下座から3日経った今でも衝撃の抜けない私は、どのメッセージも見る気になれなかった。

だが、こんなことはいつまでも続けていられない。

明日からは絵麻の学校が始まるし、ピアノの発表会だって今週末に迫っているのだ。これ以上練習を休ませるわけにもいかない。

オレンジジュースを飲みながら不貞腐れている絵麻の目の前で、私は深いため息をつく。

そして、覚悟を決めてスマホを手に取る。孝之に『今日、帰ります』とLINEを送ったのだった。

【再構築夫婦】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo