男と女の怪談~25歳以下閲覧禁止~ Vol.53

「こんなモノ注文したの、誰?」慶應一族の結婚式。非慶應夫を選んだ花嫁が震撼したのは…


秋十夜「ありのままを愛して」


初めて祥太に会ったときのことは、なにも覚えていない。

インフルエンサーを集めた展示会に私が招待されたとき、祥太は主催スタッフとして受付にいたらしいが、まったく記憶にない。

それもそのはず、祥太は私の好みとはかけ離れているタイプだから。

どこか中性的で、ひょろりとした見た目や穏やかな話し方は、私の好みではない。

しかし、その展示会を主催していた祥太が働いているPR会社と一緒に仕事をすることになり、彼と毎日のように顔を合わせることになった。

「友梨亜さんがPRしてくれるなら心強いです。僕、こんな仕事しているけどインフルエンサーみたいなキラキラした人が何を考えているのかわからなくて。友梨亜さん教えてください」

小さいとはいえ、PR会社に勤めているのに、ニコニコしながらそんなことを言ってのける祥太。

彼がいい人であることはすぐにわかったが、初めは「頼りないなあ」と思いながら一緒に仕事をしていた。しかし、祥太が意外と仕事の要点を押さえていることや、交渉上手なことがわかってきた。

でも、その時はまだ予想さえしていなかった。

まさか祥太と私が、「そんな関係」になるなんて。

【男と女の怪談~25歳以下閲覧禁止~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo