東京エアポケット Vol.3

35歳独身の女社長。仕事と恋も絶不調の女が一目惚れした“特別なモノ”とは?

恋に仕事に、友人との付き合い。

キラキラした生活を追い求めて東京で奮闘する女は、ときに疲れ切ってしまうこともある。

すべてから離れてリセットしたいとき。そんな1人の空白時間を、あなたはどう過ごす?

▶前回:仕事を休んだ女は、都心のホテルへと向かい…。平日昼間にだけ許される、婚約者にも秘密の時間


特別な人のための限定車


2021年秋。

― 明日はどこへドライブしようかしら…。

金曜日の夜。一葉は代官山にある自宅で軽い夕食をとりながら、明日のお出かけする場所を考える。そんな、自分自身の変化に少し驚いてしまう。

コロナ禍以前の金曜の夜といえば、友人が経営する店でOLのひと月のお給料以上の金額のワインを開け、仲間と朝まで楽しんでいた。

そして、昼過ぎにはタクシーを呼び、ホテルで彼氏と優雅にブランチ。そのあとは、美容クリニックで一緒にメンテナンス。旅行に行かないときの休日ルーティンだ。

“しっかり働いて、自由に使う”

人生にきちんとテーマを決めていた一葉は、都心の気ままな35歳・独身生活を心の底から愛していた。

しかし、長引くコロナ禍で外で自由に楽しめなくなってしまい、さらに“ある出来事”のせいで追い討ちをかけるように深く落ち込んでいたのだった。

【東京エアポケット】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo