フレイズ フェイマス ピッツァ

FREY’S Famous Pizzeria

カウンターのピッツァを食す
日本とイタリアの食文化交流

curated by
パンツェッタ・ジローラモ

写真手前左より時計回りに。ブッファラ ¥1,350は、水牛のミルクで作ったモッ ツァレッラチーズ。ミルクの味が濃厚。 新鮮なフィール・ディ・ラッテとペコリ ーノチーズを使用したビアンカは、引き 締まった塩味が印象的。プラス¥500 でブッファラに替えることも。トマトソ ース、にんにく、バジリコ、オレガノの マリナーラは山口さん一番のおすすめ。 ピッッァは、これにマルゲリータを加え た3種のみ。全て¥1,500。ブルックリ ンラガー¥900 ~

パンツェッタ・ジローラモ【 モデル・タレント 】

ジローラモ氏のご指名は、六本木『フレイズフェイマスピッツェリア』。言うまでもない、故郷ナポリの代表食ピッツァを目指して訪れる。東京にピッツェリアは数あれど、「ここはホンモノだと思うよ。その証拠に、食べた後の消化がいい。生地をきちんと発酵させているからだよ」。

オーダーは、決まってマルゲリータ。トマトソースとモッツァレッラ、バジリコのみのシンプルさだからこそ、職人の個性が出るという。「ファッションにも“かっこいい”の方程式はあるけど、着こなしはセンスでしょ。同じ材料を使っても、その人だけしか出せない味がある。ピッツァイオーロの山口くん、センスいいの!」。

生地は約31時間、発酵させ、形成は注文が入ってから。450~470℃の釜のなかで、焼き加減を見ながらパーラーを上下させ、一枚一枚最適な状態に焼き上げる。コルチオーネ(耳の部分)の焦げ目と、溶けたチーズに酸味のきいたトマトソース。表面にうっすらと浮いたオイルとジャストな塩加減。「最高のバランスだね。ナポリより美味しいかも」とジローラモ氏も太鼓判。

パンツェッタ・ジローラモ

イタリア・カンパニア州ナポリ出身。雑誌『LEON』では、イタリア流ダテ男のファッションアイコンとして活躍中。「ちょい不良おやじ」の代名詞。今年5月末、『PIZZAFORNO CAFFE』を中目黒にオープン。

ちなみに、イタリアにはカウンターのピッツェリアはないらしいが、「カウンターなら気軽で、デートでも女の子がリラックスできるし、ひとりでもOK。ピッツァってイタリアでは、軽食。その後、ワインを呑みに行ったり、呑みに行った後に食べたり。ここにはその空気もあるよね」。

実際、ジローラモ氏の指定席はカウンター。フラッと訪れ、パッと食べて帰っていく。これぞ、ダテ男の流儀。


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ