小石原はるかの 「偏愛スケジュール」 Vol.5

シルヤ

汁や

「茅乃舎」が手掛ける
イートインが登場

左.十穀茅汁セット」¥880。汁はオーダーを受けてから作る

上質なだしの味わいの生きた「汁」に夢中!

うちの冷蔵庫に、というか、私の家でのごはんに欠かせないのが『茅乃舎』の「生七味」。赤唐辛子、黄柚子、山椒、黒ごまなど、7種類の素材がブレンドされた薬味。

名前の通り、乾燥させていない“生”の状態だから香りが生きてる!鍋の薬味に、おみおつけに。あるいは、きんぴらの唐辛子代わりに入れたり、あとスパゲティ・ボンゴレを作るときに、唐辛子の代わりに生七味を使うのも、一時期かなりハマったことが。

そして、『茅乃舎』の看板商品である「だし」シリーズも当然常備。まだ都内にお店ができる前から取り寄せていたのでかなりの古参ファンなはず? いずれも化学調味料・保存料無添加なのもエラい!そのくらい“偏愛”している『茅乃舎』東京ミッドタウン店に、初のイートイン業態『汁や』が登場。いや~、待ってました!

十穀茅汁、九州の豚汁など6種類の「汁」が主役で、おにぎりを添えたセットにすることが可能。汁に使うだしや味噌、選べる薬味や「おにぎりのおとも」類は当然すべて『茅乃舎』製品で、購入前のテイスティングも兼ねられる、という賢いメニュー構成です。具もたっぷりで味わい深い汁、偏りがちな食生活のサポーターとして、大いに活用すべし!

●こいしはらはるか
一度ハマると歯止めの利かないマニアックな気質と頑強な胃袋を持つ、人呼んで"偏愛系ライター"。著書に『麹の「生きた力」を引き出す本』(青春出版社)など


東カレアプリダウンロードはこちら >

【小石原はるかの 「偏愛スケジュール」】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ