この結婚、間違ってた? Vol.7

「一夜限りの関係のほうがマシ…」夫が会社の後輩と犯した、下心よりヤバイ過ちとは

「やめるときも、すこやかなるときも、あなたを愛する」と誓ったはずなのに…。

“やめるとき”は、愛せないのが現実。

思い描いていた結婚生活とは程遠く、二人の間に徐々に生じ始める不協和音。

「こんなはずじゃなかった」と不満が募ったとき、そもそも「この結婚、間違ってた?」とふりかえる。

あなただったら、この結婚生活やめる?それとも…?

▶前回:「今さら妻とは…」交際期間が長い夫婦。子どもを作るため、夫がとった衝撃的な行動


Vol.7 優しすぎる夫


【今週の夫婦・結婚2年目】
夫:達也(31)広告代理店勤務
妻:優子(31)アパレル会社勤務


「いやぁ、やっぱり温泉はいいね」

つやつやに炊かれたご飯を食べながら、夫の達也がつぶやく。

「本当~!露天風呂付き客室で食事が美味しい宿って、満足度高いよね」

連休に訪れた箱根の高級旅館で、私たち夫婦は朝食を堪能している。夫の達也とは、趣味が合うので宿選びで意見が食い違うことはめったにない。

「優子との旅行は趣味が合うから、一泊でも楽しいよ」
「わたしも~!」

私は、だし巻き卵を口に運びながらうなずく。

「優ちゃん、このあと寄りたいお店があるんだけど、いい?」

達也が甘えた口調で尋ねてくる。

― やっぱり、そうきたか…。

達也がどこに行きたいのかは、だいたい想像がついている。

結婚してまだ2年目。

おおらかで優しい夫とは、大きなケンカをしたこともなく仲が良い。だから私は、夫になんの不満もなかった。

ただ一つ、彼の優しさが度を超えることを除いては…。



「ちょっと待って!そのお饅頭、そんなに買うの?」

箱根湯本駅近くの和菓子屋で、達也は温泉饅頭を何箱も抱えている。

「今リモートワークで会えないから、部署の皆に1箱ずつ配送してあげたいんだよね」

― 会社の人にそこまでする必要がある?

「後輩のカナちゃんって子が、甘いものに目がなくてさ。その子のインスタ見る?スイーツだらけなの」

「ホントダ、スゴイネ…」

私はあきれて、思わず片言になってしまった。

店頭で売っている、ほかほかのお饅頭とともにお茶を飲みながら、私は達也の買い物を外で待つことにした。

【この結婚、間違ってた?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo