先週のアクセスランキング!1位は、『10万で誘われました…』22歳女が暴露する、35歳起業家の巧妙な手口

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“22歳女が暴露する、35歳起業家の巧妙な手口”に“28歳妻を不幸に陥れた“指紋認証”の罠”から“29歳受付美女が結婚ゴールのために選んだ方法”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
「10万で誘われました…」22歳女が暴露する、35歳起業家の巧妙な手口

「夫のマサルさんが、別宅を所有しているのはご存知ですか?」
「ええ。悪阻の時に一人になりたいと私から申し出ました。それに、赤ちゃんの泣き声があると仕事に集中できないので、静かな空間が必要みたいで」

男は片方の口角だけを上げた。いびつな笑顔だった。

「そこに、女性が住んでいるのはご存知ないと…」
「え…?」

続きはこちら

★第2位
夫の帰宅が遅い夜。新婚の妻が自宅で1人、楽しむためにこっそり取り出したモノとは

カクテルグラスにゆっくりと注ぎ、キッチンで立ったまま、それを口にした。独特な爽やかな甘みが口に広がると、ぶわっと当時の思い出が蘇る。

ふと気づくと辺りはすっかり暗くなり、窓の外には漆黒の世界が広がっている。その暗闇を見つめながら、ひとつひとつ当時の思い出を辿り、つい感傷に浸ってしまっていた。

けれど、今日は彼の帰りが遅い。久々にひとりの夜なのだ。

私は2杯目のマルガリータをグラスに注ぎながら、あの手紙のことを思い返した。

続きはこちら

★第3位
深夜2時のベッドルームで、夫の秘密を暴く28歳妻。彼女を不幸に陥れた“指紋認証”の罠

わかっている。

夫婦間でも、勝手にスマホを見るのは、不正アクセス行為に該当することを。

でも、付き合っているときは、俊介は心配ならいつでもスマホを見てもいいと言っていた。それならば、問題はないはず。

だって、私にはどうしても確認したいことがあるのだ。

続きはこちら

★第4位
「手取り36万。家賃13.5万円は、いい男に出会うための出費だったけど…」アラサー独身女の孤独

コロナ前は便利で賑やかで、楽しいことが凝縮されているこの街が大好きだったのに、飲みに行くことが減った今、住んでいる意味を考えるようになった。

― ただただ高い家賃を払って、狭い箱に頑張って住んでいるのかな…。

そんなふうに思うのは、また今日もデートがうまくいかなかったからかもしれない。

前のめりで出会いを求めていたはずなのに、自粛期間に慣れすぎた結果…そして30歳を過ぎた途端に、飲みに行くのすらしんどくなってきている自分がいた。

続きはこちら

★第5位
独身友達には絶対言えない…。29歳受付美女が結婚ゴールのために選んだ方法とは?

礼司さんと話したのは、大手町から家の近所までの30分程度。

それなのにこんなに舞い上がっているのは、最近出会いらしい出会いがなく、29歳になったにもかかわらず、結婚どころか、彼氏すらいなくて焦っていたせいだ。

佐和は、そんな私に意地悪な指摘をしたりしないし、恋の邪魔をすることもない。

同い年なのにこの包容力、なんでも受け止めてくれる温和な性格。美人というわけではないが、23歳で早々にプロポーズされ、すでに結婚6年目というのもうなずける。

「絵美里、じゃあ明日は、こんな作戦はどう?」

続きはこちら



【東カレ読者のリアルな恋愛観を教えてください!】
東京の、厳しい婚活事情をサバイブしている男女の恋愛事情を、今一度調査するべく、緊急アンケートを実施させていただきます。

ぜひ皆さまの「生の声」を沢山お寄せください。皆さまからいただいた内容は、今後のコンテンツ作りの参考にさせていただきます。

以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/BIX3GC02

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo