この結婚、間違ってた? Vol.2

深夜2時のベッドルームで、夫の秘密を暴く28歳妻。彼女を不幸に陥れた“指紋認証”の罠

指紋認証の罠


「ただいま~」

21時、俊介が帰宅した。

「お風呂、自動にしてあるけど入る?」

「あー、さっきまでホテルで仕事しててさ。シャワーしてきたからいいや。ありがと」

― ホテル…。

鼻の奥が、ツンと痛くなる。

想像したくないのに、女性と一緒だったのかもしれないと一瞬でも思っただけで、吐き気がする。

「麻友子、今日も忙しかったんだろ?あんまり無理すんなよ」

俊介が私のお腹を撫でながら言うが、その言葉には心がこもっていない。

テーブルの上に置いている彼のスマホが、鳴っている。そこへ視線を向けると、夫はさりげなく、裏返しにした。

― ねぇ…やっぱり、そうなの?

お腹の子のことを考えると、グレーのままにしておく方がよいのか迷う。でも、白黒はっきりさせたいという気持ちが勝ってしまった。

夜中の2時。

俊介が深い眠りに入った頃、私はむくりと起き上がり、リビングから彼のMacBookを持ってくる。彼のPCの機種は指紋認証で開くはずだ、と來未が教えてくれたのだ。

起こさないように細心の注意を払いながら、彼の右手の人差し指を、そっと指紋認証に載せる。

― 開いた!

そのまま、ベッドルームからリビングに戻る。パンドラの箱を開いてしまった恐ろしさと、緊張で、胸の鼓動が速くなる。


― どうしよう、すごく怖い…。

女性にモテる彼のことだ。決定的な証拠がなかったとしても、何かしら見つかるだろう。

何かが見つかった後、私は俊介と夫婦としてやっていけるだろうか。

それに、開け方を知ってしまった私は、これからもこうやって覗き見するかもしれない。それは間......


【この結婚、間違ってた?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo