その男女、ひと癖あり Vol.2

3回目のデートで、部屋も予約していたのに。彼女が“まさかの質問”を投げかけてきて…?

「こういう人、いるよね…」

出会いの場に足を運んでいると、たまに遭遇する“ひと癖あり”な人。

だけど、そんな“ちょっと癖ありな言動”には、理由があった!?

先週は“恋愛経験ゼロ”を隠し通そうとする、ひと癖ありな男が登場した。

さて、今週の体験談は…?

▶前回:「彼のこと気になってたけど“ナシ”だわ…」女がそう判断した、男の言動とは?


Vol.2 「彼の気持ちが分からなくて不安…」と女が嘆くワケとは?


今週の体験者:坂東孝之(27歳男・不動産会社勤務)


― そろそろ来る頃かな…。

孝之は、ウェスティンホテル最上階にある『鉄板焼 恵比寿』で、美鈴を待っていた。チラリと店の入り口に視線を向けると、ちょうど彼女が入ってくるのが見える。

すでに孝之が到着しているのを見つけるなり、小走りで向かってきた彼女。白いワンピースを身にまとい、ゆるく巻かれた髪がフワフワと揺れている。

「待たせちゃってごめんね」

その言葉に首を横に振ると、改めて彼女の全身を眺めた。

― 今日も可愛いなあ。

美鈴は最近付き合い始めた、孝之の恋人だ。少し気は早いかもしれないが、将来は結婚を考えている。

3ヶ月ほど前に友人の紹介で知り合った彼女は、上品でほんわかとしており、まさに孝之のタイプだった。出会ってすぐにアプローチしたところ、まさかのOKをもらったのだ。

そして3回目のデートである今日。食事の後にはもちろん、ホテルの部屋も取っている。…ふとそのことを思い出しただけで、胸が高鳴った。

「あれ、どうかした?」

すると美鈴は、孝之の目を見て不思議そうに問いかけてきたのだ。

「えっ?いや、何も…」

孝之は、彼女のことをもちろんちゃんと愛している。だけどひとつだけ、どうしても気になっていることがあった。

【その男女、ひと癖あり】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo